Home 研究日誌
Category:

研究日誌

    「讃岐うどん てつ家」
    愛知県豊橋市佐藤1-11-1
    讃岐うどんで感動したのは初めてです。気合いを感じる最高に旨い麺です。めんつゆも辛くなく、麺の邪魔をしません。大盛り無料です。最初はトッピングは控えめにしたほうがおすすめです。豊橋でこんなのを食べれるなんて幸せです。

    「硝子の森」
    愛知県豊橋市南瓦町46−1 カワラビル 1F
    妻の誕生日におじゃましました。料理素材にこだわり、香りと彩りが素敵な、丁寧なオリジナル料理が食べれます。つまみメニューも豊富だし、自家製麺のパスタやピザは素晴らしく美味しいし、和食メニューも脱帽においしいです。コースが価格的にも、美味しさ的にも、ボリューム的にも、この店の多様さを味わうにも、バランス的にもお得ですので、必ず予約をおすすめします。

    「talbot」
    愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-29 瑞穂ビル1F
    ランチタイムに伺いました。看板犬のてつくんが迎えてくれます。パスタランチとピザランチと夜メニューの牛タン煮込みデミグラスソースと苺タルトを食べました。サラダのドレッシングがフルーティで美味しかったので気になったら、自家製のニンジンドレッシングだと教えてくれました。牛タンめちゃやわらかくて、エロい食感と香りと旨さでした。やばいくらいグラスワインがすすみました、恍惚。次回は夜カウンターでしっぽり飲みたいです。

    「鳥廣」
    愛知県蒲郡市御幸町23-7 コーポ吉田
    夕方に訪店するも夜の予約で席がいっぱいでしたが、その合間の1時間だけでよければ、ということで入れてくれました。炭火焼の地鶏の焼き鳥、豊富な種類のチーズとドライフルーツと天然酵母パン、地鶏たたき、多種のベルギービールやワインなど、酒飲みにはなんともたまらないお店でした。酒飲みの友達と一緒に行きたい店です。

     

    最近読んだソムリエの田崎真也の文庫本に書いてあったことに、
    「私にとっての外食は美味しいものを食べにいくことが目的ではなく、一緒に行く人とのコミュニケーションを目的とする。そのための美味しい料理、サービス、お酒が必要である。どれだけ美味しくても、サービスが悪い店やお酒の品揃えがいまいちなお店には行きたくないし、そういう店に入ってしまった場合にはすぐ席を立つ」
    みたいなことが書いてありました。

    最近よくあるB級グルメ志向やその場所や店の名物を食いにいくのとは、一線を画すスタイルですが、そういう考えを忘れていたので、とっても印象に残りました。

    先週は雨が多くてほぼ農閑。
    今週からは晴れ間が続くので、がんばりたいです。
    ばりばり働く鋭気を養った外食ざんまいでした。

    0 comment
Translate »