Home 日誌日常 イベント
Category:

イベント

先週土曜日は「The Sense of Wonder」ありがとうございました。13時頃にスープが終わってしまい、提供できずご不便をおかけし、申し訳ありませんでした。今回は食べてくれたお客様の3割以上から「美味しかったです!」と直接言ってもらえて、とても嬉しかったです。今回の反省を活かし、次回よりよくできればと思います。途中からお客差の要望で、ヴィーガン対応のアレンジも始めましたが、次回は事前にきちんと準備ができればいいなと思っています。1枚目の写真は @kanjimatsumoto_woodworksさんに撮ってもらいました。寒いかと思ったけど、陽射しが当たる場所はポカポカして気持ちよかったです。本当に紅葉や空気感がキレイで、いいイベントでした。

 [やさいを食べるラーメン:本日の豆研ヌードル]
出汁:我が家の鶏モミジ、香味野菜、椎茸、鰹節、昆布
たれ:自家製米味噌、醤油、本みりん、塩、玄米酢、スパイス
麺:みうらやの国産小麦全粒粉麺
トッピング:人参の醤油メープルラペ、大根と冬瓜のナムル、サラダリーフ(水菜、ルッコラ、赤からし菜)、クルミ
香味:フライドガーリック、ネギ油、イタパセオイル、白ゴマ

レイチェル・カーソンの遺した言葉で「In nature nothing exists alone.」というのがあります。まずその科学的な根拠を知ることが、それ以上の未知の自然世界「The Sense of Wonder」を感じ取るための始点になるような気がします。現代は水も酸素もオカネで買う時代なので、自然よりもオカネがないと困ると考える人や、自然なんて必要ないと考える人もいるかもしれません。彼女のように、自然はかけがえのないものだという根拠を、日々の仕事や言葉を通じて上手く伝えていけたらいいなと思います。

 

ちょっと面白いイベントのお知らせです。

12月19日木曜日、9時〜16時頃
サトウキビからシロップを作るワークショップを開催します。サトウキビの刈り取り、洗浄、カット、圧搾、煮詰め、まで行います。永田さんが無農薬無肥料で育てたサトウキビです。昔はこの地域でも自給用作物として栽培されていたそうです。今年試験的に栽培したところ、非常によく育ちましたが、ご夫婦ふたりでは収穫や作業が間に合わないとのことで、私達と同じく興味のある人もいるかなと思い、試しに企画してみました。

収穫したサトウキビの茎を圧搾すると、重量の約1/3が一次糖液として残り、さらに1/10まで煮詰めて濃縮させます。お土産として、出来上がったシロップの1Lくらいをお持ち帰り頂ける予定です。空き瓶などの持ち帰り容器をご持参ください。

舐めると黒糖のようなコクとミネラルを感じてとても美味しいです。でも試しにホットケーキにかけてみましたが、正直あまり合いませんでした(笑)。白玉団子や小豆あんなど、和のスイーツにはとても合うと思います。皆さんも自分ならではの美味しい食べ方を見つけるのも面白いと思います。

お昼ごはんは永田さんが栽培した無農薬無肥料のお米を炊いて用意してくれるので、みんなでおかずやおやつを持ち寄って楽しくやりましょう。参加費用は3000円です。珍しい体験+メープルシロップを1L買うと思えば、リーズナブル&面白い機会だと思います。少し時間に遅れたり、早く帰りたいなどの融通は効きますので、お気軽にお申し込みくださいね。場所は永田さんち、愛知県田原市若見町力石4、です。

お申し込みはメッセージやコメント、永田さんに直接お電話(0531-45-3922)していただいても構いません。直前の申込みやキャンセルも大丈夫ですので、お気軽にどうぞ〜!一応定員が20名となっています(すでに10名近く集まりました)。1から10までサトウキビ絞り、ぜひ一緒に楽しみましょう!宜しくお願い致します(^^)

とある日、二日酔いで全く働けず、妻がその分バリバリ働いてくれました。夕方になり少し体調も上向き、友達に借りている漫画「リトルフォレスト」を読んでいたら、急に手作りのものが食べたくなったので、味噌汁を作りました。
大きめに切った人参とジャガイモも水から煮て、しばらく煮立てたら、細かめの鰹節(濾さない)、菜花、ねぎ、油揚げ、自家製の米味噌をいれる。仕上げに白ごまを少々。
疲れた心と五臓六腑に染み渡る。空腹は最高の調味料だし、丁寧に育てられた野菜を、丁寧に料理し、丁寧によく味わって食べれば、本当に美味しい。別に高級食材でなくても、目新しさがなくても、これがいい、これでいい。
そんなことを思わせてくれる漫画「リトルフォレスト」オススメです。橋本愛さん主演で映画化もされ、観ましたがとてもよかったです。韓国ではその映画が人気になり、韓国バージョンのリトルフォレストも制作されたそうです。

★今週の循環農法野菜セット
1.さつまいも 紫芋。きれいな紫色を生かした料理に。今週はニョッキにて食べよう
2.じゃがいも メークイン。肉崩れしにくい。6月に収穫した貯蔵品です。
3.菜花or水菜 菜花は炒め物や茹でたり汁の具。小さな虫いるのでよく洗って下さい
☆4.葉付き大根 急に大きくなってきました。葉は菜飯に
☆5.人参 甘みuP。葉はかき揚げ、ちぢみも◎。パセリ代用も〇。茎は固いので捨てるか出汁か、みじん切りでよく炒める。
6.チンゲンサイ 炒め物や汁の具などに。味が濃く美味。
☆7.ミラノカブ イタリアのカブ。ニンニクとパスタにしましたが食感が緻密で美味。
8.冬瓜 最近は小エビと冬瓜カレーにはまっています。「ベンガル料理はおいしい」という本に美味しいレシピがあるそうで購入しました。エビのあんかけも美味。イカと韓国風炒めも〇。最近は冬瓜ナムルや冬瓜の味醂粕漬け(3日漬けるとしゃきしゃきの食感になる。甘酒や酒粕でやってもいい気がします!)にはまってます。
9.菊芋 ごぼうとジャガイモの間のような味。皮は剥かないでタワシで土を洗い落とし、汁の具や炒め物、漬物にも美味しい。 
10.白皮砂糖かぼちゃ かぼちゃはポタージュが絶品。11.愛知白菜 
12、玉ねぎ 13.小松菜 14.里芋 15.レタス 16..紅苔菜 17,イタパセ
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット8品、Lセット11品、Kセット17品です。
野菜は 新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。

12月30日、年末恒例の我が家でお餅つきを行います。野菜の定期のお客様とそのご家族・ご友人のみ参加できます。餅やお茶、汁物など、ご自由に食べてください。その他お酒やおつまみ等が必要な方は、各自お持ちよりください。のしもちを作って持ち帰りたい場合は、1枚2000円です。もち米を事前に浸水しなければいけないので、前日までにご予約下さい。火の番や、蒸米をしたり、餅つきの指導など、いろんな作業があって忙しいので、何でもいいので積極的に手伝っていただけると大変助かります。

よろしくお願いいたします。

 

0 comment

山粧の市にご来場頂いた方々ありがとうございました。汁なし麺もポテトもお陰様で完売しました。カレー塩が好評だったのも嬉しかったです。課題も見つかったので、改善できるようまた頑張ります(^^) 運営に関わってくださった方々、出店者の皆さん、どうもありがとうございました。

今年は順調に椿油が入荷しています。順次瓶詰め作業を行っています。頭皮のフケやかゆみ、乾燥肌などのスキントラブルにおすすめです。 昔、渥美半島では、自生する椿の種をみんなが拾って、搾油所に持ち込み、食用の油として使っていたそうです。当時の油は貴重品でした。 現代では搾油用作物の選抜や栽培の効率化、化学技術による搾油率の向上などによって、食用油はとても安価になりました。 私達が椿油を分けてもらっている里山搾油所の永田さんは、昔の思い出の味と、地域の自然保護と有効活用などを鑑みて、昔ながらの原材料を持ち込み可能な搾油所として活動されています。環境保護活動や、政治に関わる市民活動や態度のあり方など、色々学ばせてもらっています。私達の住む地域ではまだまだ数少ないオーガニック仲間ですが、私達がみんな活躍して、もっとその和が大きくなっていくといいなと思います。

     

名古屋でエンジニアとして働いているインド人のムキが、この3連休を使ってWWOOFしに来てくれました。一昨日の出店準備から、今日の野菜セットの出荷まで、とてもよく手伝ってくれました。何も指示しなくても自主的に働いてくれる、細かな気配りができる人です。 . ムキにインドのことを色々教えてもらい、少しだけインドに行きたくなりました(空港降りてすぐから物乞いや押し売りされるイメージがあるので、今まで敬遠していました…)。 ヒンドゥー教徒が1番多い国なのに神様として崇められる牛の肉の輸出高が世界2位だとか、牛のうんちを水で薄めて混ぜて地面に撒くといい匂いがするとか、人口ももう少しで中国を追い抜くと言われているとか、鹿を殺すのは犯罪で刑務所行きだとか、色んな面での文化や習慣の違いの話をとても興味深く教えてもらいました。国が違えば常識も違う、そんな多様性を楽しむことが、国際平和の大前提だと思います。言語や常識が違っても、みんな幸せを求めていることには変わりないはずです。

ムキに今日のランチを作ってもらいました。黒鯛があったのでフィッシュカレーをリクエストしたところ、快く作ってくれました。超美味しかったです!こんな素敵なインド人と交流したことで、自分はインドに行ってみたくなりました。ムキを見習って、自分も海外に行くときは、日本を代表するつもりでよい行いをせねばと、身に沁みました。

ソラマメの発芽もきれいに揃いました。明日、11月9日土曜日、芋掘り会をします。朝10時集合、今年は機械があるのでラクチンだと思います。昼ごはんは私達がカレーを用意します。おかずの1品持ち寄りも大歓迎です(^^) . 参加費は、定期のお客様とそのご家族は無料、定期以外の小学生以上は1人500円です。 持ち物は汚れてもいい服装と靴、軍手、芋を持ち帰る袋、お酒類を飲みたい方は各自でお願いします。お茶はこちらでも用意します。 . 参加ご希望の方は、メッセージやコメント、電話、メールなどでご連絡ください。定期の方も、初めての方も、お友達などお誘い合わせの上、お気軽にご参加頂ければ幸いです。

★今週の循環農法野菜セット
1.さつまいも 紅あずま。ゴマペースト、油、塩、豆乳でマッシュして付け合わせに〇。
2.じゃがいも メークイン。肉崩れしにくい。6月に収穫した貯蔵品です。☆3.白皮砂糖かぼちゃ かぼちゃはポタージュが絶品。超甘いです。☆4.金町小かぶ 明治時代、東京葛飾、東金で作出された品種。さっと洗って、炒め物や漬物、スープの具などに。人参と昆布とすだちで浅漬けにするのがお気に入り。
5.イタリアンパセリ 春に植えた株が夏を乗り越え、ピカピカになって再生。サラダや薬味、ポテサラや卵焼きなどの具に。味噌汁にも合います。
☆6..人参 葉の柔らかい部分を桜エビとかき揚げにすると絶品。ちぢみも◎。パセリ代用も〇。下のほうの茎は固いので捨てるか出汁か、みじん切りにしてよく炒める。
7.冬瓜 最近は小エビと冬瓜カレーにはまっています。「ベンガル料理はおいしい」という本に美味しいレシピがあるそうで、購入を迷い中。エビのあんかけも美味でした
8.春菊(or菜花) さっとゆでておひたしやナムルに。天ぷら、ちぢみは食べやすい
9.チンゲンサイ 炒め物や汁の具に。
10.ミラノカブ 甘くてじゅーしー。蒸し焼きが好きです。
11.ピーマン 12.よもぎ 
13.大和唐辛子 14.大根菜 15水菜 16..バジル 17,ルッコラ 18.菜花
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット8品、Lセット11品、Kセット17品です。
野菜は 新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。

0 comment

5月2日木曜日、鳳来寺山のふもとの廃校である旧門谷小学校で行われた「スーク 緑の十日間」のスーク食堂で、ランチを提供させていただきました。 今年のメニューは 「旬野菜の柚子鶏和え麺」 「自家製豆板醤のベジ和え麺」でした。

旬野菜の柚子鶏和え麺。私たちの畑と食堂が繋がるようなイメージで。農家が作る農家らしいご飯を。我が家の鶏や野菜をふんだんに使い畑の春を感じてもらえたらと思い作りました。

自家製豆板醤のベジ和え麺は @mikaku_in_tokyo さんとのコラボメニューです。

たくさんのお客さまに食べていただくことができました。予定量を12時半ころには完売してしまったので、13時半から残っていた食材を使ったアレンジメニューを提供させていただきました。

    

チーム豆研楽しかったな。みんなありがとう!来てくれたお客様、そして爾今さんありがとうございました。これからもブレずに、自分たちが育てた食材を、農家ならではの料理で、提供していけたらと思います。

先週の野菜セット。ニンニクの芽、そら豆の収穫が始まっています。もうそろそろグリンピースやレタスも収穫スタートできそうです。畑は農繁期で苗の定植作業に追われています。6月頭くらいまで、忙しいのがまだまだ続きます。

同じ渥美半島に住む革作家さんのPEANUTSさんのヤギを1日預かりました。やはりヤギはわがままですね。さみしくなれば泣き叫ぶし、人間の言うことはほぼ聞く気がない。それでも可愛かったです(でもオシッコやウンコの量やタイミングは可愛くない)。またいつでも預けてね!

気温も安定して高くなり、野菜たちもグイグイと成長を始めたのを見て、ほっとする日々です。今年からは環境のことや、農園がもっと美しくなることを考えて、ビニールマルチを使わない栽培に取り組んでいます。マルチを使わないことでの地温低下や水分の蒸散、土壌の硬化による生育の遅れや、雑草対策が少し不安ですが、なんとか知恵をふりしぼって新たな自分ルールを乗り越えていければと思います。

★今週の循環農法野菜セット
☆1.新玉ねぎ 春の野菜。新玉ねぎの収穫がスタートしました。近所のおじさんも絶賛の玉ねぎ。昨日はかき揚げにしました。生食でもバクバク食べています。
☆2.にんにくの芽 にんにくの花芽です。にんにくの玉が大きくなり始める前にニンニクの芽が収穫できます。炒めてお楽しみください。
☆3.スナップエンドウ 今回でほぼ終了。春の嵐で木が痛みました。
4.汐止ネギ 吉蔵ねぎより細く柔らかい。分げつ性でトウ立ちの遅い晩生の品種です。緑の部分もおいしい。このネギもそろそろトウダチが始まってきました。
5.さつまいも 紅はるか。寒い冬を越したので甘味が増しています。
6.そらまめ ようやく取れ始めました。まだ豆の薄皮も柔らかく食べられます。さやごと焼いて開いて塩をかけても美味しい。
7.グリンピース 豆ごはんがおすすめ。ごはんと一緒に炊いたほうが、色は落ちますが、香りがいいです。
8.にんにくの芽W
9.じゃがいも 北海道自然栽培男爵。ほっくり。あと一か月でうちのジャガイモも収穫。
10.切干大根 PeacefulFarm作、自然栽培の切干大根です。味噌汁に少しいれるだけでかなり甘い出汁が出るのでおすすめです。サラダにしてもおいしい。
11.紫芋 12.グリンピースW 13,じゃがいもw 14、コスレタス 15.赤たまねぎ
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット15品です。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。農薬を使用しないため虫が混入することがあります。よく洗ってから料理してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment

「わがや電力」という小学6年生の理科知識があればできる太陽光発電の入門書を販売させていただくことになりました。わかりやすい平易な説明と優しい文体で、かわいらしいイラストとともに書かれていて、とても読みやすいです。
そもそも電気とは何か、送電や変圧のロス、合理的な電気の使い方なども書かれており、太陽光発電には取り掛かれない人でも、興味深く読める本だと思います。著者のテンダーさんの自然観や未来への思いも本質的で美しく、文面からその哲学を随所に感じることができます。テンダーさん(ヨホホ研究所)からも直送で1944円(送料無料)で購入可能です。お子さんや学生へのプレゼントにもいいかと思います。
うちも小さな発電から始めてみようかと思っています。12Vの電気工事には資格が入りません。100Vの電気工事には第二種電気工事士の免許が必要ですが、年齢制限もなく小学生でも取得可能です。

自分的に心に刺さった本書の「いつか大人になる君へ」という章からの引用です。

『わがや電力を作るためのやり方や知恵は、前章まで。思いのほかやることが少なくて、びっくりしたかもしれない。
こんな簡単な、ちいさなしくみでも、電気を作ることはできる。だけど、それがわからないために、森の木を根こそぎ伐りたおしたり、海を汚しながら、電気を作っているのが「今」なんだ。
大人たちは「暮らしのためにはしょうがない」と難しい顔で言いながら、ひとたび壊れればもう戻ってこないものを、壊し続けている。
………
ぼくたちは今、何億年もかけて生成された「長い年月を経たもの」を、すさまじい勢いで使っている。早く遠くへ行くために、火を使わずに暮らすために、無人の街を照らすために。こういった浪費とも呼べる使い方は、「長い年月を経たもの」が作られるまでにかかった数億年と釣り合うものなんだろうか?
………
世界には、驚くような安い給料で雇われて、地球の内部へと穴を掘って、命がけで「長い年月を経たもの」を採掘する人々がいる。地球の深いところにあるものは、毒性が強かったり、放射線という目に見えない力を出していて、そばにいる人たちを病気にしたりするものが多い。
つまり、自分がラクをするために、誰かを働かせるしくみ自体は、今も昔もたいして変わっていない。より遠くで行なわれ、より知りにくくなっただけなんだ。
………
どんな発電方法であれ、発電するときには必ず何かを使い、何かを壊してしまうものなんだ。
だから、発電すればするほど、ぼくらは何かを失っていく。
長い年月を経たものたちや、生き物の命、自然環境、それから手仕事の時間、夜の静けさ、暗闇の深さ。
……
自分のために、世界を壊さない方法を学ぶために、小さなわがや電力を作ろう。
それは「誰かを働かせる文化」とは正反対のものだ
……
70億人が、おたがいに思いやりを持って使うことのできる照明は、どのくらいの明るさだろうか。
きみの家の電源ケーブル。
その先は、壊れやすく有限の地球と、ちょうど良さを求める70億人の生活に、そのままつながっている』

この本の論旨は、最近話題になっているCOP24でのスウェーデンの15歳の活動家グレタ・トゥーンベリさんのスピーチの内容とリンクしています。翻訳がネットに上がっているので、ぜひ読んてほしいです。

これはCOP24の前に行われたTEDでのスピーチですが、地球の温暖化を止める方法も必要性も大人たちは分かっているはずなのに、行動を起こさない現状への憤りが、鬼気迫る表情と語り口で身につまされます。
「the one thing that we need more than hope is action. Once we start to act, hope is everywhere. So instead of looking for hope, looking for action.
(私たちが希望よりも必要なのは、行動です。行動し始めたら、希望は至るところにあります。希望を探す代わりに行動を探しましょう)」

https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20190108-00110248/
たった一人で3週間、大人たちに温暖化対策の実行を訴える議会前での座り込みをした彼女の行動に呼応するように、オーストラリアやスイスの生徒たちも1000人以上の規模でストライキを起こしたそうです(現在、フランスやデンマークでも多発しているとBBCやNYTIMESなどでは報道されているようです)。今も刻々と進んでいる温暖化という問題に対し行動を起こさない大人たちは、子どもたちのことを愛しているといいながら、子供たちの未来を搾取しているという事実を認識すべきだと、子どもたちから突きつけられています。

フランスのマクロン大統領も昨年、温暖化対策として燃料課税引上げを検討しましたが、それに反発する大規模なストライキが暴徒化したため、断念せざるをえなくなったようです。日本の報道ではこういった世界的なイシューがほとんど報道されず、全世代での議論に発展していかないことはもったいない気がします。気候変動のデータを集め、家族内で議論してみるのもいいと思います。

先週土曜日のPEANUTS de cafe にたくさんの方々にお越しいただきありがとうございました。韓国人ワーホリWWOOFerモニカちゃんのキムチ作りワークショップも大好評でした(写真を撮り忘れてしまいました)。おかげさまで旅費も貯まったのでは、と思います。
今回のラーメンは鶏のスープに酒粕塩を合わせ、焦がしネギをトッピングすることで、香ばしさをだしてみました。鶏肉には台湾のスパイス、マーガオでレモンのような風味を隠しました。菜の花、ネギと旬の香りを添えた春のラーメンを意識しましたが、皆さんのお口に合ったのなら幸いです。

今回は田原のお客様にもたくさんきていただけたことが、個人的にはとても嬉しいことでした。もっと進歩してまた来年も何か新しい空気や料理を作って、お届けできたらと思います。

Mさんいつもステキな写真をありがとうございます。
https://www.instagram.com/leejuke61/

★今週の循環農法野菜セット
1.黒田五寸人参 油で炒めるとβカロチンの吸収がよくなります。ぬか漬けにハマっており、ほぼ毎日食べています。もうすぐトウ立ち。
☆2.菜花 さっと塩ゆでするだけで美味しい。パスタの具や汁の具に。
☆3.菜花2 虫がいるときがあるので、よく洗ってください。
☆4.吉蔵ネギ ネギの旬、と呼びたい季節です。ジューシーで柔らかく、1年で一番ネギが美味しい時期です。.今年は豊作なので増量しています。
5.さつまいも ねっとり系のベニハルカ。冬を越え、甘いです。
6.大蔵大根 台風被害があり、今年は小さ目です。煮物が美味しい肉質緻密な大根です。庄司いずみさんの大根カレーもおすすめです。トウ立ちが始まっています。
7.春菊 桜エビと春菊のチヂミがお気に入り。息子には鰹節+ソースでお好み焼き風なら食べることを発見。春菊ペーストのパスタや天ぷらも食べやすい。
8.絹さやえんどう 採れ始めなので少な目です。
☆9.葉玉ねぎ 小さな玉ねぎを秋に植えたもの。種より育てるより収穫時期が早くなりますが、必ずトウ立ちします。豚肉と塩コショウとゴマ油で一緒に炒めると美味。
10.サラダミックス 色んな葉野菜のミックス。辛味が強いものがあるので、さっと茹でて温野菜サラダにおすすめ。
11.じゃがいも 12,玉ねぎ 13.かぶ 14.スティックブロッコリ 15.ミニキャベツ

☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット15品です。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。さつまいもは常温10℃以上で保存。農薬を使用しないため虫が混入することがあります。よく洗ってから料理してください。

宜しくお願いいたします。

0 comment

今週土曜日、3/2(土)は、渥美半島在住の革作家・Peanutsさんの工房で開催される「デカフェ」に出店します。うちの鶏と旬の野菜を使った「春の塩ラーメン」を提供する予定です。麺はみうらやさんの国産小麦の全粒粉麺です。写真は去年のラーメンです。

20160907a

出店者は爾今(コーヒー、パン、肉まん)、豆に暮らす野の暮らし研究所(ラーメン、農産物)、アーダニン(服、雑貨)、Peanuts(革モノ)、温熱パンダ(テルミー)、オソトデ(裏山ハイキング)の予定です。肉まん×ラーメンということで、中華っぽいコンビネーションがどう作用するか、とても楽しみです!

場所はPeanuts工房です。セルフリノベーションされた素敵なオーシャンビューの工房です。
〒441-3622 愛知県田原市和地町寺口2-197 

目立つ看板もないのですが、カーナビ頼りでお越しください。駐車場は42号線沿いにかなり広いスペースがあります。初めての人には少し入りづらい場所と雰囲気かと思いますが、誰でもウェルカムなのでぜひお気軽にお越しください(覗くだけでも◎)。とっても可愛いヤギのヤギちゃん(名前がヤギ)もいます。場所や駐車場がわからないなどありましたら090-1533-0413(豆野)までお気軽にお電話ください。

「みんなの学校」というドキュメンタリー映画の無料上映会に行ってきました。不登校や発達障害などの児童たちも、特別な問題のないいわゆる普通の児童たちと、同じ教室で助け合いながら学んでいくことができる学校を、大阪の公立学校の先生たちやサポーターと呼ばれる地域住民たちが運営しており、その一端を知ることができる映画です。 児童たちの伸びようとする意志を育て努力を褒める、○と☓という明快な褒め方と叱り方、同じではないことやできないことを否定せず許し助け合う、自分がされて嫌なことをしない言わないというたった一つの約束、間違えたことをしてしまったら校長室でやり直しが申請できる、反省の瞬間は本物でその点と点がどう繋がっていくか、人と人の間に線を引くのは誰か、あいまいにしない、すべての人が学び合う場所、など思い返したい気づきがたくさんありました。

伐採されたコナラの原木をいただいたので、椎茸の駒(菌)をホームセンターで買ってきて菌打ちしました。木に10cm間隔くらいで駒と同じ大きさの穴を開けて、あとはハンマーで打ち込んでいくだけです。ふた夏越えた秋から収獲できるそうです。つまり2年半後、先は長いですが楽しみがひとつ増えました。

 

菜の花がたくさん採れ始めました。アブラナ科の野菜たちは順々に花をつけていきます。春らしい香りと辛味があります。

今年は暖冬傾向だったので、エンドウの収穫も早くなりそうです。次回のセットから少しずつ入りそうです。まずは絹さやからスタートです。収獲が長期間持続するかは天気次第で、雨や強風が多いとダメになるのも早いです。

白ネギの旬は冬だと思われがちですが、個人的に、春かなと思います。今の時期が最も柔らかくジューシーです。ノビル、ワケギ、玉ねぎ、にんにくなど、ユリ科の野菜はすべて春が旬なので、きっと当たっていると思います。

★今週の循環農法野菜セット

1.黒田五寸人参 サラダでも美味しい。油で炒めるとβカロチンの吸収がよくなります。ぬか漬けにハマっており、ほぼ毎日食べています。オーブン焼きも美味でした。
☆2.菜花 さっと塩ゆでするだけで美味しい。パスタの具や汁の具に。
☆3.菜花2 
☆4.吉蔵ネギ ネギの旬、と呼びたい季節です。ジューシーで柔らかく、1年で一番ネギが美味しい時期です。.今年は豊作なので増量しています。
5.ミラノかぶ 葉っぱはイタリア人が好きそうな苦みがあるので、イタリアっぽく料理してみてください。根の部分はとてもジューシーですが、春らしい辛味が出てきました。
6.大蔵大根 台風被害があり、今年は小さ目です。煮物が美味しい肉質緻密な大根です。庄司いずみさんの大根カレーもおすすめです。オーブン焼きも美味でした。
7.春菊 桜エビと春菊のチヂミがお気に入り。息子には鰹節+ソースでお好み焼き風なら食べることを発見。春菊ペーストのパスタや天ぷらも食べやすい。
8.サラダミックス サラダはもちろん、さっと火を通しても食べやすい。露地栽培と寒さでワイルドです。
9.じゃがいも 北海道産自然栽培じゃがいも 男爵かサヤアカネ
10.子持ち高菜 茹でたり、炒めたり、よい食感と少しの辛味、強い旨みがあります。
11.さつまいも 12,玉ねぎ 13.絹さやえんどう 14.紅芯大根 15.水菜
☆は今日オススメ野菜。
Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット15品です。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。さつまいもは常温10℃以上で保存。農薬を使用しないため虫が混入することがあります。よく洗ってから料理してください。

0 comment

ここ数日になってようやく冬らしい寒さを感じるようになってきました。押入れの中でホコリのかぶった袋に入っていたSorelの防寒ブーツを取り出しました。Sorelのブーツには天然革と人口革がありますが、天然革の方がお値段高いですが長寿命っぽいのでおススメです。農作業で酷使していますが6年間履いています。

先週の土曜日に、名古屋名東区一社のゾンネガルテンさんの月1朝市に出させて頂きました。先月に引き続き2回目!お客様やスタッフの方々との交流が毎回楽しいです。ゾンネガルテンさんは賄い付きの仕事場。同じ釜の飯を食べるっていいことだなぁーと。うちもいつかスタッフが雇えたら賄い付きな職場にしたいです。

出店の後は、春日井まで少し足を延ばして、10年来の取引先であるダルバッボさんへランチにいってきました。オーガニック野菜はもちろん、自家製ブロス、パン、ジェラートなど、食材の力強さや美しさを堪能できます。肩ひじ張らずにワイワイ食事を楽しめるアットホームなお店で、本場イタリアのトラットリア(家庭的なレストラン)にいるような気分になりました。ランチコースを頂きましたが、前菜からデザートにいたるまでどれもとっても美味しかったです。本当に美味しいビオワインも料理に合わせておススメを頂けます。オーナーシェフの渕上さんは料理中はコワモテですが、実際はとてもチャーミングです(あと歌が超うまい)。

日曜日は先日放映されたTV番組(花咲かタイムス)をご覧になって興味を持ってくださったご家族の食育ワークショップのご参加がありました。Mさん家族作のホットサンドがキレイだったのでパチリ。生の人参を「美味しい美味しい」とバクバク食べてくれました。自分で収穫して、料理して食べる。あらゆるものの分業化が進む時代だからこそ、地に足を着ける時間というのは、今後ますます必要とされていくような気がしました。
その後、最近定期購入をはじめられたお客様に畑をご案内しました。とあるイベントでラーメンを提供していたのですが、そのラーメンを食べたのがきっかけでお野菜を購入し始めてくださったそうです。何でどこから縁が産まれるかなんて本当にわかりませんね。

20160907a

3月2日(土)に同じ渥美半島在住の革作家・Peanutsさんの工房にて、新城のカフェ爾今さんの出張カフェが開催されます。私たちはそこでラーメンを提供したいと思っていますので、ご都合宜しければ足をお運んでいただけると嬉しいです。(目立つ看板もないので、初めての人には少し入りづらいかもしれませんが、みんないい人ばかりなのでお気軽に!)。とっても可愛いヤギのヤギちゃん(名前がヤギ)もいます。

出店者は爾今(コーヒー、パン、肉まん)、豆に暮らす野の暮らし研究所(ラーメン、農産物)、アーダニン(服、雑貨)、Peanuts(革モノ)、温熱パンダ(テルミー)の予定です(出店者まだ増えるかも?)。セルフリノベーションされた素敵なオーシャンビューの工房です。〒441-3622 愛知県田原市和地町寺口2-197

去年はレモン塩ラーメンでした。今年はどうしよう?

★今週の循環農法野菜セット
1.黒田五寸人参 サラダでも美味しい。油で炒めるとβカロチンの吸収がよくなります。ぬか漬けにハマっており、ほぼ毎日食べています。オーブン焼きも美味でした。
2.春菊(or菜花) 桜エビと春菊のチヂミがお気に入りです。チーズや餅をいれる変化球もgood。息子には鰹節+ソースでお好み焼きというと食べることを発見。春菊ペーストのパスタや天ぷらも食べやすい。
☆3.白ネギ 固定種の吉倉ネギという1本ネギです。しっかり火を通すとジューシーで甘くなります。緑の部分は薬味としてはいまいちですが炒め物やカレーに入れると美味
4.さつまいも ベニハルカ。蒸してスイーツやサラダ、スープ、素揚げ、天ぷら、サンドウィッチの具、ニョッキなどに。
5.かぶ peaceful farmの自然栽培かぶ。漬物、煮物、ポタージュ、グリルなどに。
6.大蔵大根 台風被害があり、今年は小さ目です。煮物が美味しい肉質緻密な大根です。レシピに書いた大根カレーもおすすめです。オーブン焼きも美味でした。
7.ルッコラ(or菜花) サラダはもちろん、我が家は卵とさっと炒めたりします。
8.里芋 煮物、みそ汁、スープ、グリル、ポテトチップスなどに。
9.マスタードリーフ(or菜花) 辛味が少しあるので生かしてみてください。サラダやさっと炒めものや茹でても◎。塩漬けでも◎
10,赤からし菜+わさび菜 こちらもサラダはもちろん、さっと火を通しても食べやすい
11.じゃがいも 12,玉ねぎ 13.菊芋 14.長崎白菜 15.紅芯大根

☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット15品です。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。さつまいもは常温10℃以上で保存。農薬を使用しないため虫が混入することがあります。よく洗ってから料理してください。

宜しくお願いいたします。

 

0 comment
Newer Posts
Translate »