Home 日誌 野菜BOX
Category:

野菜BOX

九州の左側を通過した台風10号も予想よりは勢力も衰え、被害もそれほどではなかったようでとりあえず一安心ですね。引き続き雨による二次災害に気を付けていきましょう。うちの畑も7月の長雨で野菜の収穫が想定より少なくなっています。想定外のことが多発している昨今です。天気のことは自分たちには何ともなりませんが、採れなくても生きていける「余力」を保つことを意識しています。

インドではJUGAAD(ジュガール)という価値観が浸透しているそうです。英語ではhackという言葉に近いとありますが、独創的な方法による「間に合わせ」的な解決方法で、「倹約工学」として経営技術としてインドだけでなく、世界にも広まりつつあるそうです。

バイクの後輪でトウモロコシの脱穀とか、

バイクで大型トラック並みの積載物を運搬とか、

自転車のタイヤ一つで下り坂を滑走する改造など、インドではジュガールの精神が息づいています。

自分もジュガールの精神でモノづくりを楽しみながら、余力を維持できればと思います。

 

長雨で入れず草だらけになったサツマイモ畑でしたが・・・

なんとか草取りを終えました。これで収穫(10月中旬?)まではノータッチでいけそうです。苗を早い時期に植えたり、黒マルチを使って加温すれば今の時期にも収穫できるのでしょうが、その分の手間や資材が必要になります。収穫を急がなければ、資材や手間が減ります。「一つの方法だけが正しい」というのはなくて、「自分がどうしたいか」と「他人に何を求められているか」など、どこに自分の軸足を置き選択するのか、ではないでしょうか?

融和・協調・利用という3つの分類で、物事の関わり合いを評価すると、様々なことが分かりやすくなる気がするこの頃です。例えばカレーライスで大事なのは、油とスパイスの「融和」、夫婦関係で必要なのは「協調」、などです。人とお米は人が稲を育てることで「協調」し、お米を食べることで「融和」し、種籾を残し続けることで稲は人を「利用」しています。

鶏小屋のいちじくがたくさん採れた今年。フスマとピーナッツプードルを使っていちじくタルトを妻が作りました。

 

いただきものの太刀魚と、うちの畑で取れた夏野菜でグリーンカレー。青唐辛子、レモングラスや花柚子の葉っぱ、バジルや大葉、仕上げにカレーリーフを入れました。

このコロナ禍における日本政府の対応は、「Go to Travel」や各種助成金など、富裕層や特定の事業者(農業も)のための政策がかなり優先されています。しかし本来、政府は何のために誰のためにルール(コード)を書くべきか、ということを考えるとき、私は下記のオードリー・タン(台湾のデジタル担当大臣)の発言に共感します。

本当に意味があることは、人々に力を与えることです。人々とは苦しむことができるあらゆる存在を意味します。痛みに最も近い人たちを力づけるのです。

痛みに最も近い人たち、本当に苦しんでいる人たちに力を与えるためにコーディングを続けると、苦しんでいた彼らはシビックハッキングの意味においての「ハッカー」になることができるでしょう。彼らは身体からの制限も、社会的立場からの制限からも、一緒に創造しない「古い物語」からも、自由になれると思います。古い物語から解放された彼らは、新しい物語の織り手となり、サピエンス系のすべての人にとって、より良い運命を決定することができるのです。

もし私たちがあまり苦しみを感じていない人々、すでに快楽主義的なライフスタイルを楽しみすぎている人々に力を集中させるならば、私たちは本当の危険にさらされています。快楽主義はゼロサムゲームではないにしても、自己増殖→自己トラップのサイクルに陥りがちです。

また、ハックするかハックされるかは個人レベルの問題ではないと言いたい。むしろ社会レベルでのことで、ジニ係数のように、痛みや苦しみに最も近い個人が、どれだけ新しい規範やコードを共に創造できるのかという「コード係数」「物語係数」のような指数を作って、それにそって生きていけるようにしたいですね。

畑でいえば、最も痛みに近い人たちは微生物でしょうか?殺菌剤や殺虫剤を使う農業が現代の本流ですが、有機農業においては微生物や雑草も「畑の織り手」として私たちと共に創造し、「協調」できるかどうかが大切だと思います。それを踏まえると、農薬や化学肥料を「利用」する農業は「科学的」であり、微生物や雑草と「協調」する有機農業は「生物学的」であると言えそうです。鶏などの家畜がいればより複合的ですね。

★今週の循環農法野菜セット
1.赤玉ねぎ ふつうの玉ねぎと同様に使えます。サラダに美味しい。
2.ミニゴーヤ(orまくわ瓜) 塩水に漬けておくと苦味が弱まる。.
3.ミニ冬瓜 煮物や汁の具に。うちはスープカレーに入れました。
4.モロヘイヤ(orまくわ瓜) 汁の具やおひたし、サラダに。納豆と〇。モロヘイヤカレーもおしゃれ。
・まくわ瓜はほんのり甘い、冷蔵庫に入れて早めに食べてください。
5.ししとう ししとう時々辛い。切って匂いをチェックすると気が付きます
6.空心菜 葉と茎を分けると上級者。醤油、酢、にんにく、唐辛子で炒めます。
7.バターナッツかぼちゃ ポタージュスープやスイーツづくり(プリン)におすすめ。
8.きゅうり(orじゃがいも) サラダ、酢の物、冷やし中華、うどん、サンドウィッチの具に。
9.オクラ 軽く塩ゆでして後はお好きに。とろろの様にペーストも〇。カレーにも
10.つるむらさき パスタ、うどんなど麺類と合う。茹でて水気をきって、白だしとあわせると誰でも美味しい味になりました。
11,いちじく 12.おかわかめ さっとゆでるとワカメみたいな食感。13.じゃがいも 14.緑なす 15.栗かぼちゃ 16.ミニ人参 17,ジャンボニンニク

☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット11品、Kセット17品です。野菜は 新聞+ビニル袋でなるべく密閉して冷蔵保存してください。

よろしくお願いします(^^♪

0 comment

今年の雨にまみれた6-7月とは代わって、8月は雨がぜんぜん降りませんね(例年どおり?)。梅雨と真夏が1週間ごとに交互で来たらいいのに(カレンダーを切り裂いてコラージュしたい)。鶏の運動場(果樹園)のボイセンベリーの収穫はほぼ終わり、今年はたくさんジャムを作ることができました。今はイチジクが取れています(でも長雨で何本か枯れてしまいました)。雨が降らないのは仕方ないので、あとは凶暴な台風が来ないことを祈りたいです。海水は冷たいので大丈夫かなぁと、甘い期待をしています。

元カフェ爾今さんが毎週月火水で開けている「緑のパッサージュ」(今は夏季休業中)に遊びに行ってきました。廃校になった小学校を使って、穏やかで人間的(農耕・文学の香りがする)な場所やイベントを作り出すお二人を見て、いつもすごいなぁと感心しています。こういう見せ方、発信、表現ができるような知的な大人にいつか自分も、と思います。

私たちの住む田原市でも今後廃校が増えそうですが、なかなか施設の利用許可を取ることは難しそうに聞こえてきます。市や町などが保有する公共施設を利用するうえでは、経済性、公平性、公益性といった社会的なコード(code=規約、規則、規定、慣例)が求められがちなように思います。爾今さんの「緑のパッサージュ」や「スーク緑の12日間」などの取り組みは、すぐに結果が出るほど簡単でもなく、流行りのファッションや商売第一でもなく、作り手の理念やコード(chord=(特殊な)感情、(心の)琴線、弦、和音)を大切にしています。時間をかけて作り手と買い手とともに紡がれて醸成していく文化を作っていこうという意志に対し、どれだけ共感を得られるのかというのは、土地や権利を持つ(主張する)人々の感性や裁量だけでなく、プレゼンターの人間的な魅力・胆力によるところも大きいのだろうなぁと思います。

私たちは爾今さんたちのようにはできませんが、そんな催しや文化と個々人の意志がが脈々と沸き立つような社会・暮らし・町に住みたいし、その中で世界の人々を魅了しうる私たちらしい文化の紡ぎ手の一人であれたらなぁと思います。農業や食べ物、お酒はそれらの第一基盤だろうし、私たちがやれるならそんな事かなぁと思います。そんな個人がたくさんいたら、オーケストラのように世界に広く響き、楽しい音楽の中で人々は笑顔で、正直に生きることが簡単(それが得・徳)で、たくさんの人が訪れ行き交うスーク(市場)が産まれそうです(そのスークで優先されるのはお金というCODEではなく、一人一人のCHORDであってほしい)。

 

ヘチマタワシを作るべく、鶏小屋に植えたヘチマの花のかわいさよ。青空に黄色!鶏たちの日除けにも役立っています。

夕方には花を閉じてシックな感じに。

最近この場所がお気に入りな我が家の黒猫・小豆ちゃん。お花がお似合い!玄関扉を自分で開けれる猫なので、家の中と外を自由に行ったり来たりしています。

ウサギのなっちゃんのお腹を満たすべく、朝は車に乗って畑にお出かけ。おっとりな癒やし系うさぎちゃんです。基本我が家の土間と床下!で伸び伸びと暮らしています。

エゴマの葉を刻んで青唐辛子(お好みで適量)、ニンニク、醤油、酢、ごま油、お好みで白ごまをかけて和えたら一晩冷蔵庫へ。そんな私達のオススメの押し付け的セット。白米が進みます(ご飯泥棒)
熱波と呼べるほどの暑さです。食欲も落ちそうですが、私達は肉体労働のせいか案外食べれています。上のやつと鰹出汁と納豆のお茶漬けが身に染みる美味しさでした。

暑すぎて鶏たちの産卵数も落ちてきましたが、彼らは相変わらず食う寝るノグソするシンプルライフなので元気そうです。

★今週の循環農法野菜セット
1.きゅうり 冷やし中華、うどん、サンドウィッチの具にたくさんつかうと消費量UP。
2.新玉ねぎ サラダにも美味しい。夏はカレーが美味しいですね!炒め物も〇
3.つるむらさき パスタ、うどんなど麺と合う。さっと塩ゆでして、鰹節と醤油などが定番。茹でイカと合わせても美味しそう。麺つゆとあわせると子どもも食べやすい4.オクラ 軽く塩ゆでして後はお好きに。とろろの様にペーストも〇。カレーにも〇
☆5.えごまセット 刻んで青唐とにんにく、醤油、酢、ごま油、白ごまであえて一晩冷蔵庫で寝かせたら、白米と一緒に。
6.なす 収量が増えてきません(;_;)
7.空心菜 ごま油とにんにくと醤油と酢で強火でさっと炒めます。干しエビと赤玉ねぎと卵で中華炒めにしたら美味しかったです。
8.ささげ(orししとう) 愛知伝統野菜。茹でて刻んで、きゅうりといっしょに食べたら、食感と味のコントラストがよかったです。スカスカしてくるので早めに調理してください。
9.ゴーヤ 定番ゴーヤチャンプルー。塩水に漬けておくと苦味が弱まります。
10.モロヘイヤ モロヘイヤは汁の具や、さっとゆでて水気をしぼって刻んでおひたし
11,赤玉ねぎ 12.ししとう たまに種が辛いのが。切って匂いを嗅ぐと分かります。13.オクラw 14.なすw 15.じゃがいも 16.ズッキーニ 17.いちじく
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット8品、Lセット11品、Kセット17品です。野菜は 新聞+ビニル袋でなるべく密閉して冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment

コロナウィルスの感染が猛威をふるっているそうです。まだ身近には重症者はおろか感染者もいないので、いまだに実感がわきません。陽性者の行動の追跡アプリなど、徹底した検査と行動監視が、感染撲滅のためには必要なのかも?しれません。

私たちの行動や思考傾向はスマートフォンを通じて、どんどん大企業のデータベースに蓄積されています。それらの大企業で働く「世界で最も賢い人々が、どうすれば大衆の感情のボタンを押せるのか、という問題に取り組んでいます」とユヴァル・ノア・ハラリとオードリー・タンの対談記事で述べられていました。「私たちが21世紀に直面し、今後ますます直面するであろう大きな課題は、今、人間をハックする技術があるということ。それらの技術が、今後われわれの欲望や感情をますます操作する可能性があるということです」とも。

https://news.yahoo.co.jp/articles/73585924a2219c69ad996651cd90f4cc5c2d0ea2

テクノロジーがユートピアを作るか、ディストピアを作るかは、私たちの(モラルも含めた)知性にかかっています。しかし政治家の論理の破綻した発言や政策だけでなく、インターネット上でも文脈を無視した言葉狩りやあまりにもひどい暴言が横行していて、テクノロジーが私たちを賢くしたとはとても考えられない現状です。「愚かな民衆がシステムを管理するよりも、いっそ感情もなく忖度もしないであろうコンピューターに監視してもらえば、汚職や暴力はなくなる」と淡くそして怖い期待を持ちたくもなりますが、コンピューターが裏切ったり、そもそも誰かの支配下にあれば、現状よりひどくなる可能性も否定できません。

現代のテクノロジーをとってもよく切れるナイフに例えるなら、自分だったら自分の手を切りそうなので距離を置きたいと、この頃は強く思います。もちろん便利な暮らしを全部捨てたくありませんし、そもそも社会と無縁に生きることは無理でしょうが、積極的には関わらない方向で暮らしていきたいと心が後ずさるこの頃です。テレビや本やネットから情報を入れることで、変に自分が拡張してしまうような感覚になるときがあります。しかし自分は自分、ウィルスはウィルス、カラスはカラス、大自然は大自然。この梅雨の大雨で勢いよく伸びる草木や森や山を見て、これは制御(草刈り)しきれないなぁと、地球システムの巨大さと人やウィルスの小ささを改めて思い知りました。

https://note.com/kyoheisakaguchi/n/n55207ebbbba0

坂口恭平さんのnote。躁鬱から抜けるきっかけは毎日の畑とノラジョーンズ(猫)だったとのこと。共感できる部分か多くありました。描かれている絵もとても素敵です。

一体、どうしてこうなったのか、突然、何がおきたのか、と言いつつ、僕は三ヶ月間、1日も休まずに畑にやってきた。土に触れてきた。植物のことをじっと見てきた、触ってきた、気にしてきた、頭の中に他者がどんどん入り込んできた。言葉も知らない生き物たちが。しかも、その結果、僕の中に言葉が溢れてきた。話す言葉ではない。口数は減っている。話したいことがあるわけでもない。それなのに、何かが満ちていて、形にもなっていないのに、そこらじゅうに生きる気配がする。そのことに気づいているから、いつでもそこにあるから、安心感がある。 坂口恭平noteより

自給自足的な暮らし、お勧めです。

SATOYAMA椿油でおなじみの永田さんが無肥料・無農薬(自然栽培)で育てた小麦粉とふすまの販売が始まりました。今年は農林61号(中力粉)ミナミノカオリ(準強力粉)があります。パンを焼くにはどちらもグルテンが弱めなので、北海道産のゆめちからとブレンドするのがおすすめです。スコーンやホットケーキやパウンドケーキならこれだけで大丈夫です。ふすまを2-5%混ぜると、とても香りがよくなるのでオススメです。

妻が永田さんの小麦粉とふすまでスコーンを焼きました。

永田さんにお返しに、ボイセンベリージャムと一緒に届けました。

カンボジアのソシーファームから生胡椒の塩漬けが届きました。今回は少量入荷なので、期間限定でお試し価格でのご提供です。フレッシュな胡椒の実そのままの、さわやかな香りと穏やかな辛味をぜひ体験してみてください。

ほんの軽い気持ちでウサギの野草セットの販売を始めてみました(笑)。我が家のニホンウサギのナッツハリー君が好きな野草のみを厳選してお届けします。野草の原価はただですが、採取にはちょっとだけ知識と労力が必要です。値段はインターネット上の相場を調べて見て、それよりも安く設定しましたが「野草より野菜の方が安いって・・・」と複雑な気分になった私たちでした。

★今週の循環農法野菜セット
1.新玉ねぎ サラダも美味しい。まるごとオーブン焼きも◎。
2.赤玉ねぎ サラダにいい。甘味が強く辛味が弱いので、煮込み料理にも美味しい。
☆3.つるむらさき 麺と合う。さっと塩ゆでして、鰹節と醤油などが定番。茹でイカと合わせても美味しそう。昨日は餃子の具にした。チャーハンは子どもも食べやすい。
4.オクラ 軽く塩ゆでして後はお好きに。刻んだり、マヨネーズやわさびポン酢などで。
5.オクラw 太陽が戻ってきて収穫量up
☆6.なす まだ少な目ですが、厳しかった梅雨を乗り越えて少しずつ収量が増えてきました。油と好相性。カレーや餃子も美味しい。
7.人参 葉っぱはかき揚げやパセリ替わりに。
8.四葉きゅうり とげが多い歯ごたえのよい品種。サラダや漬物に。ワイルドに地面の上を這うように栽培しているので、曲がりが多く、土がついています。
9.空心菜 ごま油とにんにくと醤油と酢で強火でさっと炒めます。
10.まくわうり 天気悪く甘味少な目。サラダ、モッツアレラチーズと合わせてみたい。コンポートにしてデザートも〇。
11.えごまの葉 ごま油とにんにくと醤油と酢で和えて一日置けば、醤油漬けに。
12.ささげorローマトマト。 
13.モロヘイヤ 14.ズッキーニ15.大葉 16.ゴーヤ 17.じゃがいも 18大和唐辛子
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット8品、Lセット12品、Kセット18品です。野菜は 新聞+ビニル袋でなるべく密閉して冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment

この前私がオススメしたバナナブレッドをお客さんが結構作ってくれて嬉しい(T_T)
今日のおやつは栗原はるみさん@harumi_gram のインスタにのっていたバナナクレープをアレンジして、白桃、ヨーグルト水切り+生クリームのクレープ。生地にはフランス人のウーファーさんに教えてもらったブランデーか梅酒を少し入れるのがお気に入りで、そこも追加。あと焼き色はレースの様にというのも教えてもらったので、強めの弱火?弱めの中火?くらいで焼くのが私流ポイント。

雨が多すぎて、畑のイタリアントマトがいまいちな今年。B品トマトを煮込んで、バジルと合わせてソースに。

大きくなりすぎたズッキーニはズッキーニブレッドを作りました。バナナブレッドのレシピのバナナをズッキーニに置き換えただけ。シナモンとか効かせてもよさそう。ズッキーニも雨が多すぎて根傷みが出てきたので、そろそろ終了っぽいです。

雨雨雨。雨は滝に見え畑は池に見えてくる最近。野菜はままならないけど、草は変わらず元気。草に埋もれてく野菜を見つつ、雨雨雨で草取りもままならないので、心を切り替え家直し。雨漏りする屋根を直したり、かび臭い壁に漆喰塗ったりしています。テレビも湿気で壊れかけましたが、エアコンと扇風機を回してなんとか修復完了。

ランチはカレー、人参の葉っぱの茎をセロリとみたて香味野菜として、使うと○。葉っぱの方は翌日ピラフにしました。

楽食しゃもじの日高さんが援農に来てくれたので草取りを手伝ってもらい助かりました。日曜日ということで、名古屋の兄家族も来ていたので、息子が先週から大声でしつこいほどリクエストしていた流しそうめんをしました。息子がいたずらで野菜や薬味を一緒に流しましたが、これが案外よかったです。

雨ばかりの日本列島、「線状降水帯」という21世紀に生まれた言葉と現象は、私たちの命を脅かすほどの脅威となってしまいました。梅雨前線の南北の移動が異常に少ないのが、今回の豪雨が長引く原因ではと言われています。北京オリンピックの開会式の晴天操作のように、世界各国では気象制御の研究や実験を進めているはずなので、そのテクノロジーを平和的に駆使すれば、もしかしたら災害を軽減することも可能なのかもしれません。これを機に日本でも、異常気象を抑制しうるエコロジカルな環境立国と、防災目的の気象制御の研究の推進を検討してもよいのかもしれません。

気象制御は反自然的ではありますが、テクノロジーを独占させずに可視化することで、暴力装置としての悪用を抑制しうるのではと思います。よく切れるナイフを後ろ手に隠されたまま、一緒に暮らしていくことは不可能です。世の中が便利になればなるほど、テクノロジーは強力になります。もしかしたら核兵器のような強大なテクノロジーは文明の終焉を象徴しているのかもしれません。そして私たちはそれを何となく恐れているからこそ、オーガニックやある意味アナログで退歩的な地に足のついた暮らしを求めるのかもしれません。だからこそ強大なテクノロジーを管理する権力者を監視し、情報を可視化し、暴走させないことは、本当に大切なのだろうと思います。

★今週の循環農法野菜セット
1.新玉ねぎ まるごとオーブン焼きも◎。
☆2.赤たまねぎ 辛味なく、サラダにすると彩りがいい。炒め物やピクルスなどに〇
3.空心菜orモロヘイヤorつるむらさきorズッキーニ
☆4.人参 葉はかき揚げに。葉の軸が固い場合は捨ててください。根っこはサラダやソテーなどに。春まき人参は大きく育てるのが難しいです。お客様から茹でて甘辛く胡麻和えなどに葉っぱはすると教えてもらいました。葉はパセリのように使う。冷凍も〇
5.じゃがいも とうや。煮崩れしにくい芋です。今年はじゃがいも不作でした(T T)
6.ローマトマト 焦がすように焼き付けるとより美味しい。雨で割れるのでちょっと若めで収穫しています。しばらく置いておくと赤みが増して、味もまろやかになります。
7.いんげんorささげorオクラ
8.四葉きゅうり 雨と日照不足でキュウリも育ちがわるいです。 
9.オクラ さっとゆでて鰹節と醤油であえたり、マヨネーズ、刻んでとろろ風にも。
10.つるむらさき 麺つゆと合う。こちらもさっと塩ゆでして、鰹節と醤油などが定番。
11.ジャンボニンニク 煮込むなどよく火を通すと美味しい。 12. 赤しそ シロップや塩漬けに 13.ミニゴーヤ 14.モロヘイヤ 15.ズッキーニ 16,レモングラス+モヒートミント
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット16品です。野菜は 新聞+ビニル袋でなるべく密閉して冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment

先日東栄町へいこうと思って車を走らせていたら、エンジン故障で引き返す羽目になりました。もう23万キロくらい乗っているので、様々なパーツの寿命がきている模様です。走れる間はこの車を乗り続けたいと思っています。ドイツやイギリスでは古い自動車(ヒストリックカー)の税金が安いそうです(+排ガス従量制)。日本にもそんな制度があったら「古いものを大切に使い続けることの美徳」みたいなものが自然と私たちのマインドに培われるのかなと思いますが、どうでしょうか?

「ウサギは実は人参を食べない」とネットで見たことがあったので、半信半疑であげたらよく食べてくれます。うちの場合、餌は雑草のみですが、ウサギ用のペットフード(穀物重視)みたいな美味しいものを食べてるウサギは、こういうのは食べないのかもしれませんね。病気もせず、すくすくと育っています。特に教えることもなく、だいたいトイレは同じところでしてくれます。

 

昨日の朝日新聞の記事でプラスチックのリサイクルに関する記事が載っていました。やはり汚れたままのプラスチックは人間による分別作業ではじかれて焼却や埋め立てに回るそうです。またポテチの袋のように表面はプラスチックだけど裏がアルミの場合もリサイクル不可とのこと。素材によってリサイクルそのものも資源や環境汚染の削減に必ずしも合理的とも限らないと認識していますが、エコロジカルに間違いがないのは単純に使用量を減らすことだと思います。

肉食も同様だと思います。自然食品卸のアリサンのカタログに「週に1日は、肉を食べない日にしてみてはいかがでしょうか。」という文章が書いてあって、こういう発信と音程は大切だなと改めて思いました。うちは肉も卵も食べますし、外食もしますが、なるべく小さな個人店や安全な食材を選ぶようにしています。無害に生きることは不可能ですが、世界中の人々が10年先100年先も豊かさを享受できるような、幸せな暮らし方を探していこうと思っています。
「感謝を込めて。」と文末のメッセージも素敵な大人だなぁと感じました。

バジルや大葉などのハーブ類は洗って水気を切って、ジップロックやタッパーなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保管するのが、一番日持ちがいいように感じます。今日のランチにペンネを使ったパスタを作り、仕上げにバジルを混ぜました。ペンネとかフジッリとかの方が、スパゲッティ系の細い麺よりもお腹がいっぱいになるなぁと、夫婦で話しました。

幸せとは何かを考えさせられることが重なるこの頃です。あるブログには「幸せとは、無防備でいられる時間」だと書いてありました。自分がよく思うのは、「幸せとは自分で定義するもの」「幸せとは貯めてもすぐになるなるもの」「目の前の幸せに気づけない場合もある」みたいなことです。数値化や定式化できないのが、幸せという感覚であり、概念だと思いますが、どうでしょうか?自分の息子にも幸せになってほしいと願いますが、自分自身で幸せを感じ取る知性と穏やかな時間と場所を作る能力が大切なのかなという気がします。年収や貯蓄高や肩書き、家や自動車のグレードといった数値化しやすい尺度で人を測る人が多い現代日本では、そういった常識やプレッシャーにとらわれるので難しいことかもしれません。

★今週の循環農法野菜セット
1.新玉ねぎ レタスとディルと一緒に、マヨネーズ+アガベシロップで甘めにして、オイルと酢を足し、チーズをかけるとシーザーサラダっぽくなるのにはまっています。
☆2.赤たまねぎ 辛味なく、サラダにすると彩りがいい。炒め物やピクルスなどに〇
3.半結球レタスorサニーレタス 柔らかくサラダに美味。虫がいるかも、よく洗ってください。終盤です。
☆4.人参 葉はかき揚げに。葉の軸が固い場合は捨ててください。根っこはサラダやソテーなどに。春まき人参は大きく育てるのが難しいです。
5.じゃがいも とうや。煮崩れしにくい芋です。今年はじゃがいも不作でした(T T)
☆6.ズッキーニ 油と相性よい。サラダなら縦に千切りにしたほうが美味しい気がする。k
7.大葉+にんにく ジェノベーゼや餃子、サラダやドレッシング、手巻き寿司、醤油漬け(大葉10枚、ごま油大さじ2、しょうゆ大さじ1、白いりごま小さじ2、すりニンニク小さじ1)。
☆8.いんげん 塩ゆでして食べるのが美味しい。収穫に手間暇がかかる(^^;)
9.えごま 10.サニーレタス 11.バジル 12. 赤しそ シロップや塩漬けに 13.ジャンボニンニク 煮込むとおいしい 14.ズッキーニ 15.きゅうり 16.ツルムラサキ

☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット11品、Kセット16品です。野菜は 新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment

農繁期が続いています。なかなか休みが取れず、疲れがたまってきました。緊急事態宣言も解除され、ようやくかつてのような日常が戻ってきつつあるのでしょうか。この経済活動が多くストップした空白の2か月間の今後への影響はまだ予測はつきません。すでに大きな決断をした企業や個人事業主もたくさんあると思います。うちは不幸中の幸いか、大きく影響を受けることはありませんでした。これからも自給自足的な暮らしをベースに、マイペースで頑張りたいと思います。写真はヨモギパウンドケーキ。

政治に関しても色んな著名人が声をあげるようになってきました。政治的な決定に対し、私たち国民が反対意見をぶつけ、国民同士でも議論することをためらわない覚悟が、この悪政とコロナ騒動によって図らずも私たちの生活が追い込まれた結果、芽生えたように見えますがどうでしょうか?右や左や政党といったカテゴリ分類に翻弄されず、自称有識者や著名人のスタンドプレーは気にせず、一人一人が思うことを発言したり理解し合えることの価値がとても輝かしいことに、奇しくもこの政権が気づかせてくれました。血の流れない革命が起きつつあるような感じがします。与党や野党といった分断された政治でなく、みんなで議論しあい、より人の生活を助けられる無駄遣いや利益供与の少ないフェアな政治を目指し続けてほしいです。

野菜も少しずつ変化してきました。そら豆もそろそろ終わりです。妻はいそいそとそら豆で豆板醤を作っています。大葉やディルなどのハーブ類が充実してきました。トマトやズッキーニが取れ始めれば初夏の装いです。

ビビンパを作りました。ニンニクのシーズン到来です。暑いので酸っぱいものやさっぱり冷たいものが食べたくなりますね。自分が最近よく食べるのは酢とアガベシロップとオイルで作ったドレッシングのサラダと、麦茶でお茶漬けです。創健社のインスタントの和風だし粉を少しご飯にかけて、そこに麦茶を入れ、あとはお好みの具をトッピングするだけです。梅干しも仕込みの季節ですね。梅干しもお茶漬けに合いそうです。

コロナ騒動で本当に大切なものは何か、社会全体が一度立ち止まって考えるいい機会になったのかなと思います(そう願いたい)。個人的な意見ですが、もっと多くの人が自給自足的な暮らし(半農半X)を目指してほしいなぁなんて思っています。そういう人たちの見本になれるように、未来の自然環境に負担のない暮らし方や生活の質を高め続けていけたらと思っています。体力がなくなるまでの終わりなきチャレンジです。世の中も自分の中すらもまだまだ未知でいっぱいですが、自分の暮らしの中の無知を減らしていくこと、それがサスティナビリティ(Sustainability)なのかなぁと思います(人と人が助け合いつつ)。

★今週の循環農法野菜セット
1.新玉ねぎ スライスして酢とオイル、アガベシロップとカレー粉をかけてピクルス風のサラダにするのにはまっています。煮ても甘い。
2.グリンピース 鞘から豆を取り出して豆ごはんに。豆は下茹でせず一緒に炊くと◎。
☆3.レタス 近所の自然栽培農家・ピースフルファーム作。柔らかくサラダに美味。
☆4.そらまめ パスタ用のソースとして、ペーストっぽくしてもいい。そろそろ終了。
5.赤たまねぎ サラダにすると彩りがいい。炒め物などにもいい。北インドではカレーに赤玉ねぎがよくつかわれるそうです。
6.さつまいも 焼き芋や天ぷら、蒸してサラダにも。ディルと新玉ねぎと相性良し。
7.ニンニク 未乾燥でカビやすいので、長期保存する場合は天日乾燥させるか、冷蔵庫で保管してください。
8.カブ 味噌汁に入れたら甘かった。グリルや炒め物におすすめ。
9.大葉 ジェノベーゼや餃子、サラダの具やドレッシング、手巻き寿司、醤油漬け(大葉10枚、ごま油大さじ2、しょうゆ大さじ1、白いりごま小さじ2、すりニンニク小さじ1)
10.そらまめW 11,イタパセ 12. キャベツ 13.さつまいも紫 14.つわぶき 15.フェンネル 16.よもぎ 17.パクチー 18.大葉
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット11品、Kセット18品です。野菜は 新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment
Newer Posts
Translate »