野に生きて

9月 15th, 2017 § 0 comments § permalink

台風18号の動向が心配です。「なるようになる」しかないのですが、直撃は免れたい、とか考えてしまいます。自分の所が直撃を免れるということは、違う所に直撃するということなので、こういう不謹慎な考え方はダメだよなぁと思いながら、せめて台風が穏やかになってくれればと願うばかりです。

ハッピーヒル。米粒が大きいので、頭を垂れる前はキリタンポに見えます。この地域では皆コシヒカリを作っていてほぼ稲刈りも終わっています。「早い収穫=高く売れる」ということから、コシヒカリが根付いたようですが、今の時代は米は安いので、他の品種に変えてもいいのではとも思います。

虫の音の大合唱と美しい夕焼け。日が沈むのが早くなってビックリです。秋の農作業は忙しいので陽が落ちるまで家族でやる事が多いのですが、この時間は秋の風情があっていい時間です。

イノシシが荒らしに来るようになってしまったサツマイモ畑。ラジオや唐辛子パウダーで忌避策を講じてきましたが、だいぶ慣れてきたのか、少しずつ食害が進んでいます。サツマイモはまだまだ小さめですが、掘り始めることにしました。イノシシやキツネ、ハクビシンなど、増加傾向にある野生動物たちとどう共生していくのか、過疎化・高齢化が進み、減少傾向にある田舎の農家にとって、状況は年々難しくなるばかりです。

【お知らせ】イベントのご案内です☺︎ 
Oh!Soto De × cafeふたこぶらくだ De モーニングヨガ 

春にご好評いただきましたOh!Soto Deと豊橋のcafeふたこぶらくださんとのコラボ企画♪10月にも開催します!

ふたこぶらくださんのすぐ側にある緑に囲まれた池のほとりでの朝ヨガ。

いつもより少し早起きをして清々しい日曜の朝をスタートさせましょう♪

今回も朝食は『ふたこぶらくだ』さんと『豆に暮らす野の暮らし研究所』のコラボモーニング。
豆研オーガニック野菜たっぷり使ったヘルシーモーニングをふたこぶらくださんに特別に作っていただきます。

とっても美味しいのでお楽しみに♪

ヨガは初心者の方でも安心して参加いただける内容です。
オソトデイベント初めての方、男性の方、お一人でのご参加もどうぞお気軽にどうぞ。
どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお問合せ、ご予約下さい。

開催日:10月1日(日)
集合場所:Cafeふたごぶらくだ 愛知県豊橋市平川本町2-4-18
集合時間:7時(解散は9時頃の予定)
参加費:2500円(ヨガ、朝食代)
持ち物:ヨガマット(レジャーシートでも可、レンタルご希望の方はご連絡ください)
備 考:雨天中止、キャンセルは9月28日(木)までとさせていただきます。 ※参加人数により已む無く開催を中止する場合有り。 《お申し込み&お問い合わせ》
参加ご希望の場合はfacebookメッセージお問い合わせフォームからお名前、人数、代表者様の連絡先をご連絡下さい。 ※こちらから確認事項等のメールをお送りさせていただいてご予約完了となりますのでご注意願います。

お電話でのお問い合わせ&ご予約090-7615-8180 (ヨガスタジオ・ミトラ)
このイベントは
 yogastudiomitra http://ymitra.com/
 豆に暮らす野の暮らし研究所 http://mameno.com/
 元outdoor shopLANDSスタッフ landsryo
の3つからなる外遊びユニットです。

 

★今週の循環農法野菜セット
1.ミニ冬瓜 皮は薄めに剥くと硬い食感と柔らかい食感の両方が楽しめます。10分くらい下茹ですると酸味が抜けて味も沁みやすくなり、冷凍保存もできます。
☆2.バターナッツかぼちゃ(orフランス栗カボチャ) ねっとりした食感、揚げ物やポタージュ、スイーツ作りに。
3.空芯菜 炒め物、キッシュ、餃子、グリーンカレー、麻婆茄子にも合いました。4.オクラ さっと茹でて常備菜として保存しておきます。サラダにも◎。グリルも。
5.ゴーヤ 炒め物、ピクルス、サラダにも。
6.ピーマン 近所の自然栽培農家、ピースフルファーム作。炒め物などに。
7.キュウリ(or赤モーイ) 7月に植えたキュウリ。収獲も終盤戦。先っちょを切ってグルグルこすりつけるとアクが抜けます。
8.ナス(or玉ねぎ) 天ぷらや味噌炒め、マーボーナス、揚げ浸しに。
9.ズッキーニ 天ぷらやソテー、煮込み料理にも。
10.ささげ いんげんのように胡麻和えやおひたし、炒め物などに。
11.さつまいも 掘りたてなので甘み弱いですが、2-3日天日干しするといいです。
12.バジル 葉っぱをちぎって、ジップロックに入れて冷凍保存できます。使うときは解凍せずにそのまま早く使います(変色するので)。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは8品、Lセットは12品です。
野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

秋の農仕事

9月 8th, 2017 § 0 comments § permalink

冬野菜の種まきのシーズンです。

雨が全然降っていない渥美半島にとって
昨日の雨は種たちにとっても恵の雨となりました。

里芋のマルチを剥がし、里芋のサイド(ネギが植わっていた、移植済)にカブなど冬野菜の種を蒔きました。
相変わらず混植好きです。
今の時期はまだ害虫も多いので、半分ダメもとです。
里芋も順調に育っています。

人参が発芽した間にルッコラと日野菜カブを種蒔きしました。人参の発芽時期と連日の猛暑日が重なってしまい、発芽が揃いませんでした。損して得とれ、ではないですが、せっかく作った畝なのでリカバーを狙います。
どのみち混植好きです。

レタス苗の間引き&補植 。地味作業です。

畑での春菊の発芽が悪かったのでトレイでも種蒔き。この時期の種蒔きはやり直しもなかなかきかないので勝負です。ツンデレ系の小豆も一緒に。

畑での自家採種の春菊の発芽が悪かったのでトレイでも種蒔き。
この時期の種蒔きはやり直しもなかなかきかないので勝負です。
我が家のツンデレ系の小豆ちゃんも一緒に。

椿の種集め始めました。今年は自家用の油を椿油で賄えるように頑張って集めたいなーと思っています。
ここ渥美半島は藪椿の木がたくさん自生しており、至ることろに見つけることができます。
今までは何ともなかった椿の木が油が搾れるとなると宝物に見えてきました。
オレイン酸はオリーブ油の含有量より多く、日本に住んでいるのに椿油を摂取せずオリーブオイルの消費量が多いなんて勿体ないと思い始めました。でも、ことしは椿の実は去年より不作のようです。
里山椿油搾油所に持ち込んで永田さんご夫婦に搾って頂きます。

農作業待機中の遊びとして、軽トラックからロープを使って降りるという修行中。
戦隊モノが好きなので修行という遊びに食いつきます。もうすぐ誕生日で5歳になります。

 

★今週の循環農法野菜セット
☆1.ミニ冬瓜or赤モーイ 冬瓜は切らなければ常温保存ができます。皮は薄めに剥くと硬い食感と柔らかい食感の両方が楽しめます。煮物や汁の具、揚げ浸しも常備菜にgoodです。10分くらい下茹ですると酸味が抜けて味も沁みやすくなり、冷凍保存もできます。
2.ゴーヤ 塩揉みしてしばらく置き、水にさらすと苦みがかなり減ります。
3.空芯菜 炒め物、キッシュ、餃子、グリーンカレー、麻婆茄子にも合いました。4.オクラ さっと茹でて常備菜として保存しておきます。サラダにも◎。グリルも。
5.ナスorじゃがいも 天ぷらや味噌炒め、マーボーナス、揚げ浸しに。
6.キュウリ 7月に植えたキュウリ。収獲も終盤戦。先っちょを切ってグルグルこすりつけるとアクが抜けます。
7.モロヘイヤ 葉っぱをちぎって使います。茎は捨ててください。スープやおひたしに。
8.ズッキーニ 春に植えたズッキーニが復活。形状不揃いですみません。
9.ささげorピーマン 長いインゲン。胡麻和えが定番。炒め物、煮物にも。
10.大和唐辛子 奈良の伝統ピーマンで辛くないです。
11.玉ねぎ 
12.さつまいも 今年初物。ベニハルカ、ねっとり甘み強い系。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは7品、Mセットは9品、Lセットは12品です。
野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

雨がほしい

9月 1st, 2017 § 0 comments § permalink

9月に入り、朝晩はかなり涼しくなりました。渥美半島ではなかなか雨が降らず、畑はカラカラのガッチガチになっています。人参やネギなどの水遣りに毎日追われています。雨の予定がないと一息つくタイミングが取りにくいので、早く雨が降ってほしいなぁと思っています。

夏休みの最後の子どもの思い出作りに、再び浜松市の新居の塩水プールへ。いとこのココちゃんも誘って。海水ではなく温泉のお水なので、水質もとてもきれいです。

小玉ねぎを植えました。定植専用ではないので分球しますが、食べるには問題ないので毎年育てています。冬から春に収穫できます。 奥に見えるのは丹波黒大豆。雨も降っておらず水遣りもしていませんが、すこぶる元気に育っています。不思議です。

マルチャーといって、畝を作りながらプラスティックマルチをかける機械です。風で飛ばないように、天面に土を載せていきます。ここにはレタスを植える予定です。

近所で温熱療法(テルミー)をやっているえりこさんに援農にきてもらいました。労銀といって働いてもらった時間を、代わりに今度お返しする、というワーク&タイムシェアリングをやっています。お返しにはHP作りを手伝うことになっています。

農作業の待機風景。子どもは車内でカタカナの勉強中。もうすぐ5歳、ひらがなとカタカナはほとんど読めるようになりました。次は足し算、引き算を教えます。いずれは英語も覚えてほしいです。数年後には自分の意志で勉強や読書に取り組むようになってほしいので、興味が持てるように面白おかしく教えていますが、どうなるでしょうか。

明後日9月3日、日曜日に、豊橋のガーデニングショップgarageさんのファーマーズマーケットに出店しますので、お近くの方はぜひ足を運んでいただけるとありがたいです。

 

★今週の循環農法野菜セット
☆1.ミニ冬瓜or赤モーイ 冬瓜は切らなければ常温保存ができます。皮は薄めに剥くと硬い食感と柔らかい食感の両方が楽しめます。煮物や汁の具、揚げ浸しも常備菜にgoodです。10分くらい下茹ですると酸味が抜けて味も沁みやすくなり、冷凍保存もできます。赤モーイは沖縄野菜。サラダやチャンプルにも◎
2.ゴーヤ 塩揉みしてしばらく置き、水にさらすと苦みがかなり減ります。
3.空芯菜 炒め物、キッシュ、餃子、グリーンカレー、麻婆茄子にも合いました。4.オクラ さっと茹でて常備菜として保存しておきます。サラダにも◎。グリルも。
5.ナス 天ぷらや味噌炒め、マーボーナス、揚げ浸しに。
6.キュウリ 7月に植えたキュウリの収獲が始まりました。先っちょを切ってグルグルこすりつけるとアクが抜けます。
☆7.カボチャ 煮物や揚げ物、カボチャスープやプリンなどのスイーツに。
8.バジル ペーストやオイル漬け、葉っぱを摘んで冷凍し冷凍スパイスに。
9.ささげ(orズッキーニ) 長いインゲン。胡麻和えが定番。炒め物、煮物にも。
10.ピーマン(orズッキーニ) 紫の小さいのは大和唐辛子という奈良の伝統ピーマンで辛くないです。
11.玉ねぎ 小さめですが保存性が高いです。ハーフサイズでグリルしても◎
☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは8品、Lセットは11品です。
野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。冷蔵庫に入れる前に洗ったり切ったり下処理をしてタッパーや袋に入れておくと、調理がスムーズになります。

よろしくお願いいたします。

たまらない暑さ

8月 25th, 2017 § 0 comments § permalink

異常な暑さが日本列島を覆っており、何もしないでいても吐き気がするほどです。エアコンに慣れると畑仕事が辛くなるので、水風呂や海につかって体と頭を冷やしています。

白ネギの定植が終わりました。2月に種をセルトレイにまき、5月に仮植え(里芋の黒マルチの端にコンパニオンプランツとして)、8月に本植え、という流れで作っています。5月の仮植えを本植えにする方法もありますが、無農薬栽培だと草取りの大変さとネキリムシにやられやすいので、8月植えに切り替えました。苗も大きいので除草作業も鍬を使って土寄せしながら除草できるので簡単です。ネギは水が好きな野菜なので、小まめに水をあげた方が生育がよくなります。収獲は12月頃~翌年3月になります。

今日のファーマーズランチ は #冬瓜とツナの煮物 #空芯菜ともやしの炒め物 冬瓜とツナの煮物には#五香粉 (ウーシャンフェン、アニス、シナモン、花椒、クローブ、陳皮のミックス)が抜群に合うのでおすすめです。ミニ冬瓜まるごと1個を皮をむき、種を取り出し、適当な大きさに切って、鍋に入れたら、ツナ缶1個、醤油、酒、砂糖、塩、唐辛子、ごま油、水200cc位を入れ、蓋をして蒸し煮。途中で一回混ぜて上下をひっくり返して、30分位煮たら完成。常備菜として冷蔵庫に保存してもオッケーです。

明日26日土曜日は豆研+オソトデオープンデイを開催します。若見海岸での砂浴体験のほか、ワルン豆研の特製ランチ「燻製卵と野菜おかずの乗っけ丼」、フランス人WWOOFerさん直伝のクレープ、ビール、自家焙煎珈琲、自家製シソジュース、自家製ウメジュース、野菜、加工品、アウトドアグッズなどを販売しますので、お気軽に遊びに来てください。詳細はこちら→クリック

 

★今週の循環農法野菜セット
☆1.ミニ冬瓜 切らなければ常温保存ができます。皮は薄めに剥くと硬い食感と柔らかい食感の両方が楽しめます。煮物や汁の具、揚げ浸しも常備菜にgoodです。
2.ナス 天ぷらや味噌炒め、マーボーナス、揚げ浸しに。
3.空芯菜 炒め物、キッシュ、餃子、グリーンカレーにも合いました。いか炒めやすき焼き風煮に入れれば息子もたくさん食べれました。4.オクラ さっと茹でてサラダにも◎。グリルも。
5.モロヘイヤ 葉っぱをちぎってスープの具やおひたしに。茎は硬いので捨てる。
6.キュウリ 7月に植えたキュウリの収獲が始まりました。
7.カボチャ 煮物や揚げ物、カボチャスープやプリンなどのスイーツに。
8.ピーマン 紫の小さいのは大和唐辛子という奈良の伝統ピーマンで辛くないです。
9.ゴーヤ 塩揉みしてしばらく置き、水にさらすと苦みがかなり減ります。
10.ローマトマト+にんにく 加熱向きトマトです。
11..玉ねぎ 小さめですが保存性が高いです。ハーフサイズでグリルしても◎
12.ささげ 長いインゲン。胡麻和えが定番。炒め物、煮物にも。

今日は青唐辛子をサービスです。辛いの嫌いな人はごめんなさい。 先日、青唐辛子を石臼で潰して、砂糖(蜂蜜、メープルでも可)と味噌を合わせて混ぜた青唐味噌が美味しかったので。ナスやオクラ、キュウリに付けると絶品です。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは7品、Mセットは9品、Lセットは12品です。
野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。冷蔵庫に入れる前に洗ったり切ったり下処理をしてタッパーや袋に入れておくと、調理がスムーズになります。

よろしくお願いいたします。

豊作の夏

7月 28th, 2017 § 0 comments § permalink

先日、野菜を使って下さっている春日井市のイタリアンレストラン dalbabbo さんがお友達家族とともに遊びに来てくれました。パパチームは男は夢を追うんだ〜とビール片手にグビグビやってました。

人参の種って ドライフラワーとして使えそう!?かわいい。 いつもは九州の種苗会社のものを蒔いていたのですが去年は愛知県のアサヒ種苗の黒田五寸を蒔いたらとってもよい人参が採れました。たまたまなのか、同じ品種でも会社によってできるものも違うのか。はたまた愛知産だから愛知という土地にあってるのかな? ひとまず種取りして来年どんな子ができるかやってみます。

夏のインゲン。インゲンには暑すぎて少し硬めの食感ですが、それでも美味しいです。この盛夏にインゲンを作るのは初めてです。例年だとササゲを作っていますが、自家採種でラベリングしてなかったため、間違えて種をまいてしまいました。

枝豆が今年は暑さに負けずにとれています。暑すぎると実が入らないことが多いのですが、品種がよかったのか、播種時期がよかったのか、今年は天気の加減がいいのか、理由はわかりませんが、虫食いも少なく実が充実した枝豆ができました。カネコ種苗の初ダルマという品種です。

島オクラもたくさん採れ始めました。収穫作業は葉っぱにも棘があるので腕がチクチクします。敏感肌の人には危険です。

みずほニューメロンです。マクワウリより実付きは少ないですが、だいぶ甘くて割れにくいので、4年前くらいから種取りして育てています。今年はなぜかハクビシンの被害がなく、無事収穫できました。冷やしてから切ってデザートに。種のところも美味しいです。

今日の野菜セットです。色んな野菜が待ったなしで収穫適期を訴えてきますので、朝から作業に追われています。いかんせん夏野菜は収穫時期が調整しにくいので、たくさん採れるときは大盛になっています。

 

★今週の循環農法野菜セット
1.キュウリ 在来種の大和三尺胡瓜と相模半白胡瓜戸と夏秋地這いキュウリ。 ヘタ(なり口)の近くが苦いときがあるので、先端の皮をむいて切り込みを入れ、塩をもみこんで2-3分おくといいです。
2.ピーマン 紫の小さいのは大和唐辛子という奈良の伝統ピーマンで辛くないです。
3:ナス 橘田中長、薩摩白長(緑)、ブラックビューティ、ジャパニーズピクリング、博多長、黒十全のどれかです。
4:ニューメロン 丸く白っぽい甘い瓜。冷やしてサラダやデザートに。
5.オクラ ようやく取れ始めました。さっと茹でて温サラダに。
6.ゴーヤ 切って塩でもんでから水洗いすると苦みがかなり減ります。
7.空芯菜 炒め物や汁の具に。台湾では豚肉とよく煮て調理するそうです。
8..ツルムラサキ モロヘイヤは葉っぱを摘んで料理してください。
9.インゲン 塩ゆでが簡単で美味しい。炒め物にも◎。
10.トマト 今年はまだ収量が少な目。長細いトマトはローマ、加熱調理に向く。
11.ズッキーニ 終盤戦。あまり状態はよくないですが、まだ採れます。生命力強い。
☆12.枝豆 7分塩ゆでがいいです。
13.赤モーイ 生で食べたり、冬瓜みたく煮たり炒めても。ツナと醬油煮がおすすめ。
14.まさかりかぼちゃ ほっくり甘い。天ぷら、煮物、ポタージュ、素揚げ、スイーツに。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは8品、Mセットは11品、Lセットは14品です。
野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。冷蔵庫に入れる前に洗ったり切ったり下処理をしてタッパーや袋に入れておくと、調理がスムーズになります。

Where Am I?

You are currently browsing the 農道 category at 豆に暮らす野の暮らし研究所.