Home 日誌野菜BOX 自給的な暮らし

自給的な暮らし

by 豆野 仁昭
0 comment

コロナウィルスの感染が猛威をふるっているそうです。まだ身近には重症者はおろか感染者もいないので、いまだに実感がわきません。陽性者の行動の追跡アプリなど、徹底した検査と行動監視が、感染撲滅のためには必要なのかも?しれません。

私たちの行動や思考傾向はスマートフォンを通じて、どんどん大企業のデータベースに蓄積されています。それらの大企業で働く「世界で最も賢い人々が、どうすれば大衆の感情のボタンを押せるのか、という問題に取り組んでいます」とユヴァル・ノア・ハラリとオードリー・タンの対談記事で述べられていました。「私たちが21世紀に直面し、今後ますます直面するであろう大きな課題は、今、人間をハックする技術があるということ。それらの技術が、今後われわれの欲望や感情をますます操作する可能性があるということです」とも。

https://news.yahoo.co.jp/articles/73585924a2219c69ad996651cd90f4cc5c2d0ea2

テクノロジーがユートピアを作るか、ディストピアを作るかは、私たちの(モラルも含めた)知性にかかっています。しかし政治家の論理の破綻した発言や政策だけでなく、インターネット上でも文脈を無視した言葉狩りやあまりにもひどい暴言が横行していて、テクノロジーが私たちを賢くしたとはとても考えられない現状です。「愚かな民衆がシステムを管理するよりも、いっそ感情もなく忖度もしないであろうコンピューターに監視してもらえば、汚職や暴力はなくなる」と淡くそして怖い期待を持ちたくもなりますが、コンピューターが裏切ったり、そもそも誰かの支配下にあれば、現状よりひどくなる可能性も否定できません。

現代のテクノロジーをとってもよく切れるナイフに例えるなら、自分だったら自分の手を切りそうなので距離を置きたいと、この頃は強く思います。もちろん便利な暮らしを全部捨てたくありませんし、そもそも社会と無縁に生きることは無理でしょうが、積極的には関わらない方向で暮らしていきたいと心が後ずさるこの頃です。テレビや本やネットから情報を入れることで、変に自分が拡張してしまうような感覚になるときがあります。しかし自分は自分、ウィルスはウィルス、カラスはカラス、大自然は大自然。この梅雨の大雨で勢いよく伸びる草木や森や山を見て、これは制御(草刈り)しきれないなぁと、地球システムの巨大さと人やウィルスの小ささを改めて思い知りました。

https://note.com/kyoheisakaguchi/n/n55207ebbbba0

坂口恭平さんのnote。躁鬱から抜けるきっかけは毎日の畑とノラジョーンズ(猫)だったとのこと。共感できる部分か多くありました。描かれている絵もとても素敵です。

一体、どうしてこうなったのか、突然、何がおきたのか、と言いつつ、僕は三ヶ月間、1日も休まずに畑にやってきた。土に触れてきた。植物のことをじっと見てきた、触ってきた、気にしてきた、頭の中に他者がどんどん入り込んできた。言葉も知らない生き物たちが。しかも、その結果、僕の中に言葉が溢れてきた。話す言葉ではない。口数は減っている。話したいことがあるわけでもない。それなのに、何かが満ちていて、形にもなっていないのに、そこらじゅうに生きる気配がする。そのことに気づいているから、いつでもそこにあるから、安心感がある。 坂口恭平noteより

自給自足的な暮らし、お勧めです。

SATOYAMA椿油でおなじみの永田さんが無肥料・無農薬(自然栽培)で育てた小麦粉とふすまの販売が始まりました。今年は農林61号(中力粉)ミナミノカオリ(準強力粉)があります。パンを焼くにはどちらもグルテンが弱めなので、北海道産のゆめちからとブレンドするのがおすすめです。スコーンやホットケーキやパウンドケーキならこれだけで大丈夫です。ふすまを2-5%混ぜると、とても香りがよくなるのでオススメです。

妻が永田さんの小麦粉とふすまでスコーンを焼きました。

永田さんにお返しに、ボイセンベリージャムと一緒に届けました。

カンボジアのソシーファームから生胡椒の塩漬けが届きました。今回は少量入荷なので、期間限定でお試し価格でのご提供です。フレッシュな胡椒の実そのままの、さわやかな香りと穏やかな辛味をぜひ体験してみてください。

ほんの軽い気持ちでウサギの野草セットの販売を始めてみました(笑)。我が家のニホンウサギのナッツハリー君が好きな野草のみを厳選してお届けします。野草の原価はただですが、採取にはちょっとだけ知識と労力が必要です。値段はインターネット上の相場を調べて見て、それよりも安く設定しましたが「野草より野菜の方が安いって・・・」と複雑な気分になった私たちでした。

★今週の循環農法野菜セット
1.新玉ねぎ サラダも美味しい。まるごとオーブン焼きも◎。
2.赤玉ねぎ サラダにいい。甘味が強く辛味が弱いので、煮込み料理にも美味しい。
☆3.つるむらさき 麺と合う。さっと塩ゆでして、鰹節と醤油などが定番。茹でイカと合わせても美味しそう。昨日は餃子の具にした。チャーハンは子どもも食べやすい。
4.オクラ 軽く塩ゆでして後はお好きに。刻んだり、マヨネーズやわさびポン酢などで。
5.オクラw 太陽が戻ってきて収穫量up
☆6.なす まだ少な目ですが、厳しかった梅雨を乗り越えて少しずつ収量が増えてきました。油と好相性。カレーや餃子も美味しい。
7.人参 葉っぱはかき揚げやパセリ替わりに。
8.四葉きゅうり とげが多い歯ごたえのよい品種。サラダや漬物に。ワイルドに地面の上を這うように栽培しているので、曲がりが多く、土がついています。
9.空心菜 ごま油とにんにくと醤油と酢で強火でさっと炒めます。
10.まくわうり 天気悪く甘味少な目。サラダ、モッツアレラチーズと合わせてみたい。コンポートにしてデザートも〇。
11.えごまの葉 ごま油とにんにくと醤油と酢で和えて一日置けば、醤油漬けに。
12.ささげorローマトマト。 
13.モロヘイヤ 14.ズッキーニ15.大葉 16.ゴーヤ 17.じゃがいも 18大和唐辛子
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット8品、Lセット12品、Kセット18品です。野菜は 新聞+ビニル袋でなるべく密閉して冷蔵保存してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment
1

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »