Home 日誌野菜BOX 料理と人生

料理と人生

by 豆野 仁昭

最近は収穫を終えたニンニクで、アーリオオーリオ・ペペロンチーノを作る日が多いです。料理上手なイタリア人のウーファーさんから教えてもらったレシピが我が家のレシピです。

①油と刻んだニンニクを極細火で3分から5分くらい、こんがりするまで炒め油に香りをしっかり移す。
②唐辛子、塩、パスタの茹で汁を入れて乳化させソース状にする。
③パスタをからめ、最後に生ニンニクの摩り下ろしを加えて、ニンニクの香りをツーレイヤーにする!
④仕上げに良いオリーブオイルを香りづけに(火を入れない)。
←ポイント・あまり他の食材は足さずにシンプルに作るのが美味しいです^_^

うちはパスタをゆでるときには塩は入れず、ソースで塩味を調えます。

 

春は鳥類がヒナを育てる季節です。卵温め係=お母さんになりたい雌鶏が今年はたくさんいます。今シーズンはトータル8匹はいるので、母性溢れる集団だなぁと感じます。この産卵箱には3羽がギュウギュウ詰めになって温めようとしています。卵を抱かせてあげたいところですが、採卵用と孵卵用がゴッチャになってしまうので、孵化する2日前まで家の孵卵器で温めた卵をお腹の下に戻してあげる予定です。

フランス人のクレアとポーランド人のパベウがキッシュを作ってくれました。自分もこんなキッシュが作れるようになりたい。我が家では、世界中からWWOOFerさんが来て、さまざまな料理を作ってくれます。色んな食材の組み合わせ、食感、舌ざわり、香り、塩加減など、普通に日本に暮らしているだけでは味わえないであろう様々なルーツの料理を、自分の記憶と写真として記録することができています。料理にはその人の人生が現れるような気がします。自分も食べる人を笑顔に元気にする料理が作れるような人生を歩みたいなぁと思います。

★今週の循環農法野菜セット
1.ニンニク レストランhoshizumiさんでは丸っと焼いたニンニクをアーリオオーリオに入れてありました。ミントのアーリオオーリオからすみ添えに。
☆2.赤玉ねぎ サラダに。インドではカレーに赤玉ねぎを使うそうです。
3.切干大根 煮物、サラダ、味噌汁など。冷凍保存が色持ちよくおすすめです。。
4.じゃがいも 北海道自然栽培男爵or我が家の新じゃがタワラマゼラン。
5.コスレタス 今年は小さめです。コスレタスは炒め物に美味しい。ごま油と海苔、醤油で炒めるコスレタスも好きです。
6.そらまめ 収穫も終盤。hoshizumiさんではアンティパストのアイスクリームに!
7.新玉ねぎ 今日は新玉をたっぷり使って親子丼のランチにしました。
8.さつまいも 紅はるか。さつまいもも苗つくりが始まりもうすぐ定植です。
9.リーフレタス サラダにどうぞ!
10.切干人参 近所のpeacefulfarm作の切干人参。端境期につき乾物が入ります。
11.じゃがいも 12.ルッコラ 13,大葉 14、ディル サラダやオムレツに。 15.越前赤そら豆 16.小かぶ 

☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット15品です。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉)で包み、冷蔵保存してください。農薬を使用しないため虫が混入することがあります。よく洗ってから料理してください。

よろしくお願いいたします。

0 comment
1

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »