Home 日誌野菜BOX 土を見直す

土を見直す

by 豆野 仁昭

もち米の稲刈りが終わりました。今年も手刈りで3時間もかかりましたが、今年はコンテナ干しで縛る作業がなかったので、かなりの時間短縮になりました。1週間くらい乾燥させたら、ハーベスターという機械で籾をはずしたら、終了です。今年もお餅の販売をしたいと思っていますので、11月頃にご案内できればと思っています。

自分でいうのも手前味噌ですが、新米とても美味しいです。上白で精米しましたが、とても甘くておかずいらないくらいでした。我が家では小型精米機を使って、食べる都度精米しています。

コシヒカリ新米販売中です。→こちらをクリック。
定期の方は同梱発送できますので、メールや電話、追加注文フォームからご連絡ください。

ご飯のお供には太刀魚とサワラの塩酒粕漬け焼き。これも絶品です。塩酒粕の作り方は、酒粕:塩:水をだいたい3:1:1くらいで合わせ、ミキサーやブレンダーで混ぜてゆるいペースト状にするだけです。あらゆる料理の調味料にも使えます。ぜひお試しください。

イベント出店のお手伝いに愛知県民の森に行ってきました。天気もよく、川のせせらぎがとても心地よかったです。

冬用の白ネギは順調に大きくなってきました。土寄せを繰り返し、白い部分を増やしていきます。最近は土についてよく考えます。土の真理は簡単には目に見えないものですが、いい土とは何なのか、微生物や虫をどう見るのか、そして自分の内面とも向き合うことになります。土を見直して、人生と農業の意味を見直す、そんなこの頃です。

★今週の循環農法野菜セット
☆1.博多九条ネギ 細めの分けつネギです。根元を植えておくとまた生えてきます。雨で元気です。薬味に辛味もおだやか、甘みもあって最適です。炒めても甘い。ニンニクと炒めてパスタにしたら美味しかったです。
2.じゃがいも 北海道自然栽培の秋葉さんのサヤアカネ。ほっこり系で少し甘い。
3.冬瓜 我が家ではカレーによく使います。おでんにすると丸ごと一個使いきれます。汁の具やサラダや炒めものにしても結構おいしいです。あんかけ焼きそばのあんの具にしたら美味しかったです。
4.カボチャ しっとり系。ポタージュスープやソテー、てんぷら、汁の具などに。かぼちゃジャムが我が家のブームです(塩酒粕と)。ポタージュは王道で好評です。
☆5.さつまいも 紅東orベニハルカ。徐々に甘くなってきました。素揚げでも美味しい。
6.玉ねぎ 北海道自然栽培の玉ねぎ。
7.自家製トマトジュース ローマトマトを煮込んで2倍濃縮したジュース。そのまま飲んでも美味しいですが、ソースにも。保存性のため少し塩と酢が入れてあります。お客様レシピで塩麹漬けの鶏肉をグリル+このソースをかけて食べられたそうです(^^)
8.ニラ 早めに食べてもらったほうがいいと思います。
9.里芋 まだ小さめですが皮は薄いので、包丁を使わずたわしでこすればほどよく剥けます。蒸してから皮を剥くのも簡単。生姜醤油で食べたり、汁の具に。
10.なす 近所の自然栽培農家、Peacefulfarmのハウス栽培。少な目ですがどうぞ。
11.吉蔵ねぎ 固定種の1本ねぎです。
12,春菊:サラダでもいけると思います。13.大根菜14,空芯菜15.生姜16.にんにく唐辛子
☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット11品、Kセット16品です。

よろしくお願いいたします。

0 comment
0

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »