気象制御

7月 21st, 2017 § 0 comments

気象制御」という技術が古くから研究されているのを最近知りました。1977年には国連では「環境改変兵器禁止条約」というのが採択され、平和利用のための使用目的に限定されました。簡単な技術としては、ドライアイスや液体窒素などで雨雲を強制的に雨に変えて、晴れが作れるそうです。現代、気象制御技術がどこまで進化しているかは謎ですが、もし制御できるとしたらかなり大きなお金が動かせそう(儲かりそう)ですし、今も地球上で色々実験が行われているのでしょう。

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0411/typhoon.html
2004年時点のNASAでの研究成果。今はどの位、研究や実証試験が進んでいるのでしょうか。

CMを見て鈴鹿サーキットのプールに行きたいという息子。朝の出荷作業を終えてから、新居のわんぱくランドへ。平日でまだ夏休み前なのでとても空いていました。

新居浜温泉の源泉水プールで水がきれいで塩素の匂いもありません。 傷にはヒリヒリするけど皮膚に良さそう。 人も全然いなくてスライダーや高速滑り台も楽しかったです。自販機はありましたが食堂がないので、弁当持って今度は行きたいです。スタッフのおじさんたちも親切でした。大人500円子ども300円。

プールの後は、浜名湖のshushuさんでランチ。 すごーく幸せになれるお店でした。 前菜も本日のタコのパスタもピザも美味。 フレッシュオレガノを私もピザに使ってみたい! デザートに私は紅茶のパンナコッタにキュウイのシャーベット。 またプール→shushuランチ、のコースで休日したいな。帰って夕方から水やりや出荷準備です。うちは鶏がいるので休日はないけど、時間的な融通は利きます。

今朝はほんのすこーしだけど 久々の雨。 ヒヨコも庭で気持ち良さそうです。今回の雛たちは妻が面倒を見てくれています。ふんだんに惜しみなく餌をあげているので、とってもとっても元気がいいです。こういう仕事は女性の方が向いているのかもしれません。

今日収穫したミニ冬瓜、1kg弱と使い切りサイズの品種です。トゲトゲしいのでよく拭いてから出荷します。今回はセットに入っていませんが、来週から登場予定です。たくさん取れそうです。

今年のゴーヤは白と緑。 白大長れいし、という品種です。白の方が苦みが少ないと言われていますが、個人的にはどっちも苦いけど水分量や苦みの質など味は少し違うように感じます。


BEFORE


AFTER

田んぼで腰をかがめての手除草は大変でしたが、ウーファーのドイツ人・トビにも頑張ってもらい、草取りが終わりました。草を取るために土をかき混ぜたり、踏み歩いたりすることで水に酸素が入ったり、根が切れて新しい根がたくさん出て、除草作業前よりかなり元気になってきました。あとは収穫まで田んぼに入らない予定です。

★今週の循環農法野菜セット
1.キュウリ 在来種の大和三尺胡瓜と相模半白胡瓜戸と夏秋地這いキュウリと小久保さんの自然栽培きゅうりミックス。 ヘタ(なり口)の近くが苦いときがあるので、先端の皮をむいて切り込みを入れ、塩をもみこんで2-3分おくといいです。
2.トマト 今年はまだ収量が少な目。長細いトマトはローマ、加熱調理に向く。
3:ナス&ピーマン 少しずつ収穫が増えてきました。紫の小さいピーマンが入っているお客様は大和唐辛子という奈良の伝統ピーマンです。辛くはありません。
4:バジル 日持ちしにくいので、冷凍するとバリバリ粉々になりますが、保存が効きます。ペーストやオイル漬にするのもいいです。
5.オクラ ようやく取れ始めました。さっと茹でて温サラダに。
6.ゴーヤ 切って塩でもんでから水洗いすると苦みがかなり減ります。
☆7.空芯菜 炒め物や汁の具に。台湾では豚肉とよく煮て調理するそうです。
8.人参(小) 。葉っぱは軸は硬いので捨てて、炒め物やスープ、天ぷらなどに。
9.ツルムラサキ そうめんと一緒に食べたり、冷ややっこと一緒に食べたりパスタにしたりしています。さっと茹でて麺つゆやパスタなどと相性がいいです。
☆10.枝豆 7分塩ゆでがいいです。
11.カボチャorズッキーニ
12.にんにく+タイバジル 葉は八角のような香り。エスニックな炒め物やオイル漬に。
☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは7品、Mセットは9品、Lセットは12品です。
野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。冷蔵庫に入れる前に洗ったり切ったり下処理をしてタッパーや袋に入れておくと、調理がスムーズになります。

おためしの野菜セットもショッピングカートにアップしてあります。
夏なのでカレーパウダーもぜひ!レシピ付きです。
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


What's this?

You are currently reading 気象制御 at 豆に暮らす野の暮らし研究所.

meta