Home 日誌日常 切れてるチーズの燻製

切れてるチーズの燻製

by 豆野 仁昭

近所の居酒屋の大将が誕生日だったので、大将の大好物のチーズの燻製を取り寄せようと思ったのですが、時間がなかったので、自家製に挑むことにしました。

ネットで情報を調べたところ、切れてるチーズは溶けやすいのでややテクニックがいるとのこと。なので評判の高い雪印ファミリアチーズか6Pチーズをスーパーで探すも売っていなかったので、しょうがないから切れてるチーズを買ってきました。

高温でも全然とけないという評判のファミリアチーズ。家庭燻製の王様。

雪印6Pチーズ。燻製界の女王。

KRAFTの切れてるチーズ。溶けやすいと評判ですので、慎重にいきます。

鍋はstaubのオーバルを使います。底にアルミ箔を敷いてその上に燻製チップ、その上に網をまるめたものを置いて高さを出します。

燻製チップ、ホームセンターで買ってきました。398円。

1、まずガスコンロ(強火)の上にチップを入れた蓋をした鍋をおいて、チップからモウモウと煙が出るまで放置します。覗いて確かめます。
2、チップがモウモウと煙っているのを確認したら、アルミ箔を敷いたチーズを網の上に載せて蓋をして、極弱火か火を消す。
3、5~10分すると 火が消えるので、蓋をあけてチーズを取り出して、もう一度点火してチップに火をつける。
4、また煙が出たらチーズを置いて極弱火か火を消して蓋をする。 
5、色づいたら完成。風を送ったりして、しっかり冷ましてから、アルミ箔からはずしてください。

冷蔵庫で冷やしてから切り分けて食べたほうが風味がたちます。
切れてるチーズも切れてないチーズになります。 
結構美味しくできました~。

0 comment
0

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »