Home ワークショップ

ワークショップ

by 豆野 仁昭

私たちが食べているものがどうやってできるのか、興味を持っていただければ幸いです。多くの方に、畑の野菜や雑草、土や通気、動物たちを直に見て、触れてもらえる機会を作っていきたいと考えています。

 

1.畑と食卓を繋ぐ~オーガニック循環型の食育ワークショップ

有機栽培・自然養鶏を営む小さな農園で、畑と鶏と人間が共生する循環型農業を体験しませんか。畑で雑草をとり、鶏に餌雑草を与え、卵を鶏からもらい、鶏糞を畑にまいて、野菜を収穫します。とれたての野菜と卵を使ったホットサンドを作って食べましょう。 →詳細はこちら。

 

2.食べる想像力を鍛える~鶏の屠畜・解体ワークショップ

「肉を食べるなら、自らの手を汚さなければならない」「肉は食べるべきではない」とは思いません。けれどすべての人たちに、動物たちの過ごしてきた環境、生きてきた時間を想像しながら、味わって無駄なく食べてほしいと思います。そんな食べる想像力を鍛えるワークショップができたらいいなと思い、企画しました。 →詳細はこちら。

 

Translate »