Home 研究日誌日常 WWOOF
Category:

WWOOF

    レッドオーシャン

    まだまだ暑いですが、秋の予感がする風も吹くようになり、少しずつ秋冬野菜への畑の準備をしています。いつ頃が種を蒔くベストなのか、気候や台風や土の状態なども異なるので、毎年試行錯誤です。たくさんの労力や失敗を恐れなければ、防虫ネットや遮光ネットなどを使用して厳戒態勢で白菜やキャベツなどを育てることも可能ですが、どれだけの時間を働いてどれだけの現金を手に入れられるか、なんて考えると頭を抱えたくなります。

    有機農業は牧歌的で悠々自適な仕事に見えるかもしれませんが、基本的には長時間の肉体労働が当たり前ですし、商売としても需要に比べて競争が激しいレッドオーシャンです。それでも有機農業が好きだから続けられるわけですが、毎月の経費の支払ができなければ辞めざるをえません。自然環境のため、人の健康のため、より美味しい味のためなど有機農業をやる大義名分は付けやすいですが、安易な理想やアイデアだけでは暮らしていけません・・・。


    有機JAS認定圃場面積、農水省調べ。田は減少傾向。畑は年々微増。牧草地は急速に拡大傾向。

    少し暗い話になってしまいましたが、雑草や土壌菌類、雨や紫外線の影響など、まだまだ農の世界には未知の発見があるのでは、と日々畑を観察しています。そして化石燃料やプラスチックとの付き合い方も、何かより良い方法がないかと模索中です。10年後はどうなるのか、楽しみと不安が半々です。

    フランスからメガンちゃんが滞在中。色々料理してくれて助かります!草取りも上手です。草取り上手の条件は、1 もくもくとこなす。2 きちっと雑草の生長を止める。 3 作業スピードです。写真は彼女作のポテトサラダ。フランスのマヨネーズはマスタードがしっかり効いているそうです。

    メガンが作ってくれたチーズを使わないグラタンドフィノアというドフィノ地方の料理です。材料はじゃがいも750g、牛乳500ml、生クリーム30ml、ニンニク2片、塩、胡椒だけです。お好みでノアドミュスカド(ナツメグ)を入れるそうです。スライスしたジャガイモにすりおろしたニンニクと塩胡椒を和えて、耐熱皿に芋を並べ、牛乳と生クリームを混ぜたものを注いでオーブン200℃で30分くらい焼きます。

    来週の月曜日13日は愛知県蒲郡市のgarage coffee company の軒下ビアガーデンでおつまみを作ります。at the table の順ちゃんや喫茶こまさのaccoちゃんも一緒の出店日で、三者三様のおつまみを味わえる楽しいイベントなので、ぜひ足を運んでいただけたら幸いです。メガンちゃんも行きます(でもアルコールは飲めません)。

    ★今週の循環農法野菜セット
    1.空芯菜 炒め物におすすめ。今日はバジルと醤油とニンニクとゴマ油で炒めました。
    2.ナス 揚げびたしが妻の大好物。
    3.バジル ペーストにするときはレモン汁か酢を少し入れると変色しにくいです。
    ☆4.まさかりカボチャ ほっくり甘みがあって美味しい黒皮かぼちゃ。
    5.大和唐辛子 奈良の伝統野菜、黒い甘長で辛くない。炒め物や煮物、茹でても美味しいです。火を入れると色が抜け、緑色になります。
    6.赤たまねぎ 普通の玉ねぎと同じように使ってください。もちろんサラダにも。
    7.オクラ スターオブデビッドという星型のオクラ。スライスすると形がカワイイですが、角が擦れて傷みやすいのが難点。
    8.ゴーヤ 庄司いずみさんのゴーヤ炒飯が美味しいらしいので作ってみたいです。
    9.モロヘイヤ 葉っぱをちぎって使います。さっと塩ゆでするだけでも〇。ネバネバ系。
    10.きゅうり 酢の物や漬物、サラダに。梅干しと酢で和えるだけでも〇。
    11.ピーマン 暑すぎる気候と台風により、ピーマンの木の元気が少しないです。
    12.人参 スープやサラダに、夏なのでかなり野性味のある風味です。
    13.ツルムラサキ 塩ゆでや麵類の具などに。ネバネバ系。
    14.じゃがいも 15.ネギ 16.ニンニク 17,ミニ冬瓜 18.きゅうり(W)
    ☆今日オススメ野菜。Sセットは7品、Mセット9品、Lセット13品、Kセット18品。

    野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。不要な袋は回収できますのでお声かけください。回収した袋は作業などで再利用させていただきます.

    よろしくお願いします。

    0 comment
Translate »