キングオブ菜の花

3月 6th, 2017 § 0 comments § permalink

今年の第一弾のトマト、ナス、ピーマンの播種が終わりました。
トマトはローマ、ローズ、ファースト、世界一、ステラミニ、テイスティエバーグリーン、ブラックゼブラ、ダグマズパーフェクション、の8種類。
ナスは橘田中長、薩摩白長、黒十全、ブラックビューティ、ジャパニーズピクリング、博多長ナスの6種類。
ピーマンは埼玉早生、伊勢、バナナ、万願寺、紫唐辛子、の5種類。

すべて固定種・在来種です。種選びはF1も含めればめちゃくちゃ品種があるので、こうして固定種だけに絞ってやったほうが品種選びの悩みも減るので楽です。種子の特性も味や収量を左右しますが、ぶっちぎりで一番大切なのは育てる技術なので、年一回の勝負に心を引き締めて挑みたいと思います。

今日は白菜の菜花をすべてのお客様に入れることができました。個人的にはキングオブ菜の花の称号をあげたいくらい、甘みが強く苦みもなく美味しいです。冬の白菜の結球がいまいちだと春の菜花の収穫が大量になるという皮肉な関係です。

今日は九条ネギ。香りもプンプンでジューシーです。周年出回っている野菜ですが、個人的な印象では旬は今の時期だと思っています。

先週土曜は近所の革作家・PEANUTSさんの工房にてイベント出店してきました。石のすり鉢で叩いて挽いたカンポットペッパー(胡椒)を嗅ぎ比べてもらったり、カレー塩を食べてもらったり、椿油を試してもらったり、お客様から色んな感想が聞けました。カンポットペッパーだとやはり赤(完熟)が一番人気でした。

去年から保存性の高い商品の開発に積極的に取り組んできて、だいぶラインナップが充実してきたので、今年は例年より少し外へ外へと出店をして、自分たちがいいと思う食材、道具、暮らしの遊びを広めていければと考えています。次回の出店予定は4月2日(日)「いちにち骨董マルシェ@豊橋駅前」です。今年一番の目標は、石や木のすり鉢を使う料理の美味しさを楽しみを自分の中で深化させて、広めていきたいなと思っています。畑には大葉や紫蘇、えごまやバジル、レモングラス、コリアンダーなどのハーブがたくさんあるので、そのフレッシュな香りを生かした料理がもっと一般的になることで、コンビニやファストフードに慣れきった子どもたちにもそういう”生”の料理が届くといいなと思います。日本のジェイミー・オリバーを目指します( ー`дー´)キリッ。

★今週の循環農法野菜セット
1.国富大根 煮物やおでん、おろし、大根ステーキ、漬物、大根餅、サラダにも。
☆2.九条ねぎ 今がまさに旬で、香りも強く、ジューシーです。
3.ミックス菜花 色んな野菜の菜の花をミックス。蒸し、炒め、サラダにも。
☆4.白菜菜花 甘くて苦みがなく、煮ても焼いても何しても美味しいです。
5.里芋 煮物や、茹でて潰してお焼きに。おでんにもgood。
6.黒田五寸人参 長崎の伝統品種。昔ながらの人参らしい匂いがします。
7.こぶ高菜 辛味はさほどなく、葉を細かく刻んで炒め物がおすすめ。こぶの部分は特別に甘いです。ケールのような食感なので煮こんでもいいと思います。うちはしんなりするまでよく炒めてから卵焼きにいれました。
8.ルタバガ ほっくり甘く煮崩れしにくいので、煮込み料理がおすすめです。
9.ミニキャベツ 炒め物や煮込み、スープなどに。
10.さつまいも ベニハルカ、ねっとり系。焼き芋もいいですが、天ぷらや素揚げ、ソテーにして、シンプルに塩かけて食べるのがおすすめです。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは7品、Lセットは10品です。野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。

よろしくお願いいたします。

安納フリット

12月 5th, 2016 § 0 comments § permalink

ここ数日、季節外れの暖かい日が続いて、気持ちいいですね。昨日は妻が参画しているユニット・オソトデの里山リースづくりのワークショップも無事開催できました。もう師走です。お正月まであと少し、皆さん年末進行で忙しさが増してくるので、交通事故など気を付けて過ごしたいですね。

昨日は豊橋のgarageさんのイベント from17 に安納芋フリットで出店してきました。1人での出店で若干不安でしたが、なんとか無事完売となりました。野菜を育てるのが今の仕事ですが、野菜をその場で調理して、お金をもらって提供するのは、初めてでした。仕込みは大変でしたが、調理と販売は意外にも楽しかったです。近くのイタリアンレストランのブースでは、まるでアウトドアキッチンのように、4人体制で炭火とガスコンロを駆使して作業がすすみ、露店でこんなにもバラエティに富んだアツアツの料理が提供できるんだなと、尊敬と憧れを感じました。

今日のセットは北海道の在来種・大野かぶと、奈良の在来種・今市かぶが入っています。色がカワイイですね。

今日から越津ねぎが入ります。愛知県津島市越津町の伝統種です。柔らかいネギなので、あまり煮すぎないほうがいいと思います。緑の部分も食べれます。今年は虫害が多く、若干不作です。アブラナ科の葉野菜も虫害や湿害で品薄ぎみです。

市内のキャベツ農家では、今まで使っていた農薬が効かない、という状況が去年から発生しており、個人の農家では割と情報が共有され、違うタイプの農薬を使って防除ができているのですが、一部の農業法人ではいまだに効かない農薬をまいて、キャベツがその特定の虫だらけになっています。この辺の情報格差というのも面白いですが、うちのような無農薬栽培では、特定の虫だけ生き残る、という生態系のアンバランスに結構な影響を受けてしまっています。農薬と虫との永遠のイタチごっこを人間が作りだしており、なんとか共生する方法があればいいのにな、と思います。

★今週の循環農法野菜セット
1.大蔵大根or国富大根 肉質も緻密で柔らかい。煮物やおでん、大根おろしなど。
2.さつまいも 安納芋。ねっちょり系。素揚げが最高。
3.☆越津ねぎ 愛知県津島市越津町の伝統種。緑の部分も柔らかい白ネギです。
4.かぶミックス 今市かぶ(白)、大野かぶ(赤・葉赤)。塩(と酢)でシンプルに浅漬けが美味しい。炒め物、煮物にも。
5.玉ねぎ 群馬・秀明自然農法or北海道・秀さんの玉ねぎ。
6.黒田五寸人参 長崎の伝統品種。寒さにあたり甘くなり、葉も紅葉してきました。
7.イタリア菜花(orサイシン) 暖かい日が続くと収穫量が増えます。イタリア菜花は少しほろ苦。パスタやマカロニとサラダ風にしたり、炒め物に。
8.グリーンリーフ 半結球レタス。サラダやさっと炒めものにも。
9.菊芋 フランスではトピナンブールといい、赤色が主流だそうです。日本では漬物が有名ですが、炒め物や汁の具に。じゃがいもとごぼうの中間のような味わいです。
10.サラダミックス 水菜、わさび菜、サラダからし菜、ルッコラ。刻んでドレッシングをかけて。人参やカブを合わせてもgood。アブラムシがいるのでよく洗ってください

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは7品、Lセットは10品です。野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。
季節柄、アブラナ科の葉野菜にアブラムシがいることがあるのでよく洗ってください。

よろしくお願いいたします。

 

収穫祭ご参加ありがとうございました

11月 4th, 2016 § 0 comments § permalink

昨日は天気にも恵まれ、無事に収穫祭を開催することができました。参加者も定期のお客様がほとんどで、子どもも含めれば30人くらい来てくれて、お客様同士で知り合いだったりと、にぎやかで和気あいあいとしたイベントになりました。

pb030007

蔓をひっぺがえして芋のありそうなところに目星をつけて、シャベルや手で掘り出します。今回収穫の品種は安納芋、紅かぐら、金時でした。

pb030043

この畑は私たちの畑の中で最も砂地で柔らかい土です。人数が多いのか、掘るのが上手いのか、どんどん作業が進みました。

pb030047

WWOOFでアメリカから来ているイリアも参加。以前鳥取で2年働いていて、今はNYに住んでいるそうです。今回の旅は3か月弱かけて日本を沖縄まで縦断するそうで、我が家には1週間滞在予定です。

pb030058

子どもたちもみんな割と飽きずに、楽しそうに芋掘りしてくれました。

pb030075

2時間弱で300kgくらいのサツマイモを収穫しました。夫婦二人でやれば2-3日かかる仕事です。みなさん本当に段取りよく、作業が早くてびっくりしました。

pb030101

収穫作業の後は、我が家の野菜と米と鶏肉をふんだんに使った、心ばかりのおもてなしランチ。
・鶏ガラスープの芋煮
・おにぎり三種(えごまごま塩おかか、紫蘇の実しらす、青じその実しらす)
・サラダwith自家製ドレッシング(マスタードバルサミコ、和風オニオン)
・サイシン塩ゆで
・春菊ごま和え
・鶏皮煮卵
・鶏肉団子
・ジャークチキン
・さつまいもケーキ
・カボチャ白玉のお汁粉
・焼き芋

pb030116

みなさん美味しそうにたくさん食べてもらって嬉しかったです。きらびやかでオシャレなご馳走は用意できませんが、私たちの農園らしいご飯になったと思います。リクエストがあれば来年も開催したいと思っています。

参加してくださった皆様、そして今回来られなかった定期購入してくださっている皆様、いつもありがとうございます。まだまだ未熟な私たちですが、今後も技術に磨きをかけ、皆様にもっと喜んでもらえるような農家になりたいと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。

(撮影写真by landsryo from Oh!SotoDe

私たちも参画しているOh!Soto Deの今年最後のワークショップは「里山ハイキングDe 木の実のリース作り!」です。
Oh!Soto Deのリース作りは材料集めから始まります! 里山へ出掛け自分の好みの蔓や木の実、草木などを採取します。 秋の里山には私たちが思っている以上の色々な植物がなっています。普段遠目にしか見ない草木も近くに寄って見ると本当に様々な実や面白い形の葉っぱなどを付けていて里山ハイキングは小さな発見の連続でわくわくしてきます♪
11月27日(日)10-14時、豆研ランチ・保険込み、参加費4000円です。詳しくはオソトデHPをご覧下さい。
去年の様子はこちら →クリック

★今週の循環農法野菜セット
1.☆春菊 さっと湯でておひたしや胡麻和えに。葉はサラダにも。
2.☆さつまいも 安納芋、ねっとり系。天ぷら、素揚げ、ソテー、焼き芋、スイーツにも。
3.ミラノかぶ イタリアの在来種。ちょっと固めのカブなので加熱調理がおすすめ。
4.☆サラダMIX わさび菜、水菜、サラダからし菜、赤からし菜、ルッコラのミックス。50℃の水で洗うと1回だけですが瞬時に復活しますので、お試しください。ドレッシングは酢1ーオイル1-甘味1にハーブなどの香辛料と塩を少量加えてよく混ぜて作るレシピが簡単です。
5.ピーマン 近所の自然栽培農家・Peaceful Farm作。炒め物などに。
6.チンゲンサイ 炒め物やスープの具に。
7.玉ねぎ 群馬の秀明自然農法の無肥料栽培or北海道の秀さんの無肥料栽培。
8.小松菜 丸葉黒葉小松菜という在来種。少し虫食いが多くてごめんなさい。
9.オクラ(orサイシン) とげに注意。名残の味。
・サイシン 中国の菜花。炒め物やおひたしなどに。
10.赤モーイ 生で食べたり、冬瓜みたく煮たり炒めても。ツナと醬油煮がおすすめ。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは7品、Lセットは10品です。野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。
季節柄、アブラナ科の葉野菜にアブラムシがいることがあるのでよく洗ってください。

よろしくお願いいたします。

 

 

滝頭キャンプ その2

10月 24th, 2016 § 0 comments § permalink

今年の野菜作りも終盤です。この秋は台風の被害は少なかったものの、長雨と日照不足で尾を引くようなダメージを受けました。来年以降も天候が不安定であると想定し、異常気象に強い作付計画を立てていきたいと思っています。

約5年前に自然栽培から自前の鶏糞と米ぬかを使った有機農法に徐々に切り替えて、自然栽培では不可能だった野菜も育つようになってきました。自然栽培の原則は「適地適作」で、育つものを育てる、という考え方です。有機農法に切り替えてからは少しその原則から離れており、とにかく色んな種類の野菜にチャレンジしてきました。毎年のように極端な異常気象が続くようになり、あらためて「適地適作」というものの重要性を感じています。適宜堆肥を投入しつつ、適地適作を追求していけば、ある程度の異常気象は乗り越えられそうな気がしています。

気候(温暖な気候と塩を含んだ強い風)、土壌(粘土質で肥料っ気がなく水はけも悪く硬い)、周辺環境を踏まえ、この地域のベストな有機農業を追求し、着実に成果を出し続け、少しずつでも有機農業が盛んになればいいなと思います。

5102607859329

前回の滝頭公園でのキャンプの続き。夜は雨がぱらつき始めたので、寛司さんが立てて置いたタープに救われました。

5102608365222

写真はアーダニンの店主が今回もカメラ係として撮影してくれました。jetchさんやこもぱんさんも美味しいオツマミをもってきてくれて、豪華なキャンプ飯になりました。我が家はチキンスープカレーとジャークチキンを用意。焚火でコーヒーも焙煎して遊びました。

5102607263433

翌日はモロッコさんとlien hair rhymeさんも合流し、ゆっくり朝ごはん。モロッコさんの来年の春夏用の帽子の撮影会も行い、みんなでモデルになりました。ちゃんと採用してもらえるか若干不安です。

我が家もウコン染めの様子とカレーパウダーの撮影を行いました。

この地で元気よく育つウコンのように、私たちもたくましく生きていきたいです。

DCIM0389

11月3日(木・祝)9-14時、ささやかな収穫祭を開催します。さつま芋掘り体験や、鶏の炭火焼き、新米おにぎり、芋煮などをご用意する予定です。参加費は定期のお客様とご家族は無料、それ以外の方々は大人1000円、小学生500円です。雨天中止(前日に判断します)。お申し込みは電話、メール、お問い合わせフォームなどから、ぜひお気軽にご参加ください。

★今週の循環農法野菜セット
1.間引き人参 黒田五寸。セリのような香り。柔らかい部分を刻んで、天ぷらやエビやしらす、ジャガイモなど一緒にかき揚げ、チヂミ、オムレツにも美味しいです。人参菜飯も流行中っぽいです。
2.☆さつまいも 安納芋、ねっとり系。天ぷら、素揚げ、ソテー、焼き芋などに。
3.今市かぶ 葉っぱが美味しい奈良の伝統品種。収穫も終盤でやや硬くなってきたので、火を通して食べてください。
4.じゃがいも シャドークイーン。中が紫色。普通のジャガイモと同じ調理でOK。
5.オクラ(orナスorピーマンor赤モーイorバターナッツ) とげに注意。名残の味。
6.チンゲンサイ 夏の防虫ネット栽培のため軸部が細いですが、味わいはすっきりとして、歯ごたえもよく美味しいです。
7.☆サイシン 中国原産の葉野菜。チンゲンサイのように苦みがなく食べやすい。下軸部の硬い部分を切り除き、炒め物や汁の具に。
8.九条ネギ 薬味や汁の具に。こちらの都合で、複数回収穫するために根っこなしです。ご理解ください。
9.バターナッツかぼちゃ
10.玉ねぎ

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは7品、Lセットは10品です。野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。

よろしくお願いいたします。

 

滝頭キャンプ その1

10月 21st, 2016 § 0 comments § permalink

一昨日から2日間、近所の滝頭公園キャンプ場で友達と撮影会をしてきました。鶏の世話やレストランへの野菜出荷のため畑とキャンプ場を2回往復しましたが、「遊び疲れた」といえるほど充実した2日間になりました。

写真の人形はBurning Manというアメリカのネバダで開催されているアートイベントに倣って、木工作家の松本寛司さんが実験的に作ったものです。

焚火をするのは久しぶりでしたが、炎にはとても力があるなーと改めて思いました。私たちに火は欠かせないものですが、ガスコンロの普及で日常的に木の炎と関わることはほぼなくなりました。炎を失った生活の中に、炎以上に美しく、熱量があり、心を揺さぶる何かを産み出していきたいものですが、動的な自然美を超えるのは途方もない難題です。

ウコンを使って汚れた白いシャツを染色しました。今の時期のウコンはまだレモン色に近い黄色で、冬になり葉が枯れてくるころにはオレンジっぽい濃黄に変わってきます。ウコンを潰したり石ですり下ろして、鍋で煮だした黄色い駅にシャツを漬けて、酢水で色止め、という流れでした。

こんな感じになりました。でも天日で干すと日に当たった部分の色が抜けてしまいます。陰干しし、タンスなどでしばらく寝かせておくと定着しやすいそうです。

今日のセットにはサイシンが入っています。中国原産の在来種で菜花がメインの野菜です。今回のは間引き菜なので葉っぱをメインに食べてもらう感じですが、これから徐々に菜花がたくさん咲いてくるのを順次収穫していきます。

今日のランチはキャンプの残り物メインで。春菊と生ハムチーズのサラダ、ジャークチキン、チンゲンサイ炒め、マテーラと人参のパスタサラダ、紫蘇の実ごはん。春菊がまだとても柔らかく、苦みもほどよく、とても美味しく感じます。

DCIM0389

11月3日(木・祝)9-14時、ささやかな収穫祭を開催します。さつま芋掘り体験や、鶏の炭火焼き、新米おにぎり、芋煮などをご用意する予定です。参加費は定期のお客様とご家族は無料、それ以外の方々は大人1000円、小学生500円です。雨天中止(前日に判断します)。お申し込みは電話、メール、お問い合わせフォームなどから、ぜひお気軽にご参加ください。

★今週の循環農法野菜セット
1.じゃがいも(or赤モーイ)
2.☆さつまいも 金時。ほっくり系。芋ご飯、天ぷら、焼き芋などに。
3.今市かぶ(orミラノかぶ間引き) 葉っぱが美味しい奈良の伝統品種。レモンと一緒に塩漬けやソテー、汁の具に。
4.☆サイシン 中国原産の葉野菜。チンゲンサイのように苦みがなく食べやすい。下軸部の硬い部分を切り除き、炒め物や汁の具に。
5.オクラ(orナス) とげに注意。名残の味。季節の終わりを感じます。
6.チンゲンサイ 夏の防虫ネット栽培のため軸部が細いですが、味わいはすっきりとして、歯ごたえもよく美味しいです。
7.間引き人参 黒田五寸。セリのような香り。柔らかい部分を刻んで、天ぷらやエビやしらす、ジャガイモなど一緒にかき揚げ、チヂミ、オムレツにも美味しいです。人参菜飯も流行中っぽいです。
8.春菊 柔らかく少しリンゴのような香りもあり、今なら葉はサラダにしても美味しいと思います。おひたしやナムルにも。
9.ピーマン(or赤モーイ)
10.ナス

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは7品、Lセットは10品です。野菜は新聞+ポリ袋で包み、冷蔵庫(野菜室)で保存してください。

よろしくお願い致します。

Where Am I?

You are currently browsing the イベント category at 豆に暮らす野の暮らし研究所.