Home 研究日誌野菜BOX 自家採種

自家採種

by 豆野 仁昭

白皮砂糖かぼちゃのスープは、とうもろこしのポタージュとも間違えそうな味わいで美味しくおススメです。赤色の胡椒をトッピング。 ・ ※オリーブオイルで玉ねぎと塩とローリエとニンニクを5分くらい炒め、薄切りしたカボチャも投入してさらに5分くらい炒め水を入れコトコト。柔らかくなったらローリエを取りだして豆乳か牛乳で伸ばしてバーミックスで撹拌。ザルでかるく裏ごして塩胡椒で味付け。塩酒粕を入れて煮込んでも美味しかったです。

種採り用のズッキーニです。ズッキーニの種採りは結構難しくて、なかなか完熟果をゲットするのが難しく、種も未熟なものが多くなりがちです。カボチャの種採りはとても簡単です。セットに入っているカボチャの種を来年の春にまけばしっかりと発芽するはずです。いい種はふくらみがあり、押しても潰れません。押すとペコペコする種は未熟種なので発芽しません。
世界各地でいわゆるモンサント法と呼ばれる自家採種を禁止制限する法律の施行が加速・議論を呼んでいます。この日本でも種をつなぐ、種を作るという権利が、一部の政治家やビジネスの利益のために侵害されないことを望みますが、どうなってしまうのでしょうか。

月刊 現代農業 「農家の自家増殖、原則禁止」私も異議あり!
http://www.ruralnet.or.jp/gn/201806/syubyouhou.htm

吉蔵ネギという固定種の一本ネギ。去年初めて作って気にいったので、今年も作っています。まだ土寄せが足りませんが、生育が早くて味も美味しいです。農家たちの手によって毎年つながれ続けている種たち、人と野菜の歴史や繋がりを考えれば、本当に共存共栄しているなぁと思います。私たちを生き永らえさせてくれている自然界の無数の生物や物質の存在について考え直し、人類はそれら自然への尊重と保護を土台とした発展・繁栄というものを設計していくべきではないか、と思うこの頃です。

★今週の循環農法野菜セット
1.博多九条ネギ 細めの分けつネギです。根元を植えておくとまた生えてきます。雨で元気です。薬味に辛味もおだやか、甘みもあって最適です。炒めても甘い。ニンニクと炒めてパスタにしたら美味しかったです。
2.じゃがいも 北海道自然栽培の秋葉さんのサヤアカネ。ほっこり系で少し甘い。
3.空心菜 近所の自然栽培農家、Peacefulfarm作。炒め物や汁の具に。間もなく終了。
4.白皮砂糖カボチャ しっとり系。ポタージュスープやソテー、てんぷら、汁の具などに。かぼちゃジャムが我が家のブームです(塩酒粕と)。ポタージュは王道で好評です。
5.さつまいも 紅東orベニハルカ。徐々に甘くなってきました。素揚げでも美味しい。
6.玉ねぎ 北海道自然栽培・伊藤秀さんの玉ねぎ。
☆7.吉蔵ネギ 白ネギ、焼いてもジューシーで甘くてうまいです。まだ土寄せが途中で、白い部分が短いです。これから冬が本番の野菜です。
☆8.なす 柔らかくアクがないPeacefulFarmの自然栽培ハウスナス。焼きナスにしてもとても美味しかったです。
9.春菊:サラダでもいけると思います。湯豆腐など鍋料理もいいですね。
10.里芋 煮物や汁の具、きぬかつぎ、マッシュしてポテサラも美味しいです。
11.生姜 12,紫芋 13.大根菜 14,なす 15.にら

☆は今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセット10品、Kセット15品です。
野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊高級ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。不要な袋は回収・再利用させて頂きます(多少汚れていても大丈夫です)。

よろしくお願いいたします。

0 comment
0

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »