Home 研究日誌野菜BOX 真摯であること

真摯であること

by 豆野 仁昭

いよいよ6月に入りました。自家採種の枝豆の発芽率が悪く今年は残念な感じです。他の野菜はまずまず順調なので、「いいこともあれば悪いこともある」くらいの感じです。畑の雑草たちは雨をたくさん浴びて元気いっぱい、農家が草に負けてはいけないので今週は草取りを頑張って、鶏たちにたくさん雑草を食べさせてあげる予定です。

博多九条ねぎ。今年初めて作りましたが、柔らかく辛味も穏やかで美味です。成長も早く作りやすいので、来年以降も定番になりそうです。

人生初の料理教室に行ってきました。いつも野菜を扱ってくださっている料理家の中條順子さんのカレーレッスンでした。5種のヴィーガンカレーを堪能。ベジでも十分な旨みを引き出す技術を教えてもらい、とても勉強になりました。塩を入れるタイミング、スパイスのチョイスと香り出し、食材の投入順序、野菜の切り方、煮方など、すべてにおいて料理の「理」と自分の「感性」に真摯であることの美しさと清々しい強さを感じました。

先生のカレー料理教室の復習(的アレンジ)。 そら豆と玉ねぎのカレー。スパイスはマスタードとカレーパウダー、唐辛子、パクチー。 じゃが芋とえごまの葉とツナのカレー。スパイスはホールクミン、コリアンダーシード、ターメリック、唐辛子。 頑張って二種類作りました。

お母さん3羽、子ども8羽の暮らしが始まっています。先日2羽のヒナがお母さんのお腹の下で孵化しました。その1日後にうちのふ卵器で孵化させたヒヨコ7羽をお腹の下にそっと入れておくと、ちゃんと世話をしてくれるではありませんか!9羽のうち1羽はお母さんとはぐれたせいで低体温で死んでしまいましたが、残りの8羽は今のところ元気に育っています。お母さんたちの子を守ろうとする姿も、子どもたちのあどけなさも、とても微笑ましいです。

★今週の循環農法野菜セット
1.新じゃがいも ほくほく系、茹でるだけでも美味しかったです 
2.レタス 半結球レタス。ナメクジがいるかもしれません。外側を数枚はがして洗ってから冷蔵庫に保存してください。もうすぐ終了
☆3.ズッキーニ 油と好相性。こんがりソテー。サラダは薄切りにして良いOliveoilと塩。
4.エゴマの葉+青じそ 輪ゴムでとめてあるのがエゴマの葉、細く刻んで醤油(+ニンニク)で和えておくと、ご飯のお供に最適です。とめてないほうが青しそ。
☆5.赤玉ねぎ 色どりのサラダに。ドレッシングにも〇。炒めても美味しい。インドでは赤玉の方がスパイシーなので、カレーに使うそうです。
☆6.新玉ねぎ 水でさらさなくても辛味もほどよく甘くて美味しいです。炒めても甘みがすごい。イタリア人がフォカッチャの具にしてくれました。甘みにビックリしてました!
7.博多九条ネギ 辛味が少なく美味しい。薬味にして使っていますがなんにでも〇
8.にんにくorそら豆or博多ミニ白菜 
9.ミニ大根 辛口。大根おろしが良いと思います。味噌汁にしても普通に〇
10.ミニキャベツ
11.博多ミニ白菜 巻いていませんが白菜です。オイル煮が美味しいそうです。

☆今日オススメ野菜。Sセットは7品、Mセット8品、Lセットは11品。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。さつまいも里芋は10℃以上保存。

宜しくお願いいたします。

0 comment
0

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »