雨雨雨

今日は雨の日の収穫でやたら時間がかかりました。明日も明後日もまさかの雨予報で勘弁してほしいです。あんまり雨が連日続くと種が腐ってしまうのです。田植えももうそろそろで、どうするのか考え中です。今ウーファーさんが4人もいるので、手植えもできそうですが、これも天気次第といったところです。昼ごはんづくりをイタリア人カップルのアレキサンドロとフランチェスカにお願いしました。トマトソースの煮込みに2時間かけるだけでなく、テーブルコーディネートにもこだわりを感じます。ワインボトルには水が入っています(^^)

以下、次の日曜日のイベント告知です。残席わずかですのでご希望の方はお早めにお申し込みくださいね。

<定員に達しましたので受付終了しました。ありがとうございました>

うちの野菜を使ってくださっている「あゆみ食堂」「あゆみ食堂」の大塩あゆ美さんが、急きょ来週末、我が家に久しぶりに滞在してくれることになりました。せっかくなので、東三河であゆ美さんの料理を味わってもらえるワークショップを開催したいとお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。

「いのちをいただく食事会」

野菜の収穫・鶏の世話から料理まで、みなさんと共にすべてを繋げてみる、という企画です。畑で野菜を収穫しながら試食をしたり、雑草を抜いて鶏にあげたり、料理の質問はあゆ美さんに、野菜や鶏についての質問は豆研にお気軽にしてもらえればと思います。
鶏の屠畜・解体も1羽分行います。見たい方はぜひ見てもらって、見たくない方は待機場所でお待ちいただけます。自分が実践している有機農業や自然養鶏についてお伝えすることで、命を頂くということを少しポジティブに考えてもらえればと思っています。
その日に採れる野菜をどう活かすのか、料理は即興で行います。あゆ美さんの知識や技術はもちろん、そして畑でどんな発想が出てくるのかとても楽しみです。私たちも勉強させてもらえることが嬉しいです。
「いのちをいただく」という事を、より具体的に知り、体験することで、普段の食事が丁寧になり、心が満たされるのではないかと思います。食事というものを楽しく深く知る会にできれば幸いです。
お子様連れでもお気軽にご参加できる、和気あいあいとした賑やかな会にしたいと思っています。定期のお客様にはぜひ参加してほしいですし、はじめてのお客様ももちろん、あゆ美さんのファンの方も、ぜひ一緒に食事が囲めればと思います。お酒を飲みたい人は各自ご持参ください(^^)

・講師 あゆみ食堂(大塩あゆ美)
・主催者 豆に暮らす野の暮らし研究所 
・場所 〒441-3503 愛知県田原市若見町土手ノ内43
・日時 5月13日(日) 10時~14時位、途中参加・退出も可、雨天決行
・参加費 4000円(ランチ、ドリンク付き。20歳未満は半額、幼児以下は無料)、当日お支払いください。
・持ち物 多少汚れてもいい服装と靴、作業手袋、タオルなど。
・お申込み お電話(090-1533-0413 豆野)やお問い合わせフォームから、お名前、人数、お電話番号をお伝えください。受付けは前日締め切り、または定員(大人10人)に達し次第終了します。

野菜や加工品の購入も可能ですので、ご入用でしたらその時にお申し付けください。よろしくお願いいたします。

講師 : あゆみ食堂(大塩あゆ美)

1986年、静岡県生まれ。文化服装学院服装科卒業。料理家たかはしよしこのアシスタントを経て独立。
出張料理「あゆみ食堂」として、イベントや展示会のケータリングやレシピ考案を行なう。料理を食べる人、食べる環境、コンセプトに合わせたオーダーメイドレシピも多く手掛ける。季節ごとの食材で楽しく、おいしい食卓を作りながら、生産者と食べる人をつなぎたいと思いながら活動中。

※引用元:あゆみ食堂のお弁当/文化出版局

作ってみたい!あゆ美ちゃんのレシピをちょうどWEBで見つけました。自分用にもメモで張り付けておきます。

●そら豆とエビのひりゅうず→https://www.kurashijouzu.jp/2017/06/recipe-999/
●アジフライのセロリタルタル(リーフセロリで代用して作ってみたい)→https://www.kurashijouzu.jp/2015/03/recipe-449/
●枝豆と豚肉のワンタン(グリーンピースで代用して作ってみたい)→https://www.kurashijouzu.jp/2017/05/recipe-996/

あゆ美ちゃんのお料理は本当に最高です!畑とあゆみ食堂のコラボ。この機会に是非遊びにいらしてくださいね。

★今週の循環農法野菜セット
1.グリンピース ご飯といっしょに炊き込む豆ごはんがおすすめ。
2.半結球レタス 萎れた葉野菜は水に漬けるか50℃洗いでシャキッと戻ります。ナメクジがいるかもしれません。外側を数枚はがして洗ってから冷蔵庫に保存してください。
orコスレタス 歯ごたえのしっかりしたレタス。炒め物にも美味しい。
☆3.そら豆 まだ若いので、薄皮も柔らかい。さやごと焼いたり、塩ゆでに。
4.サラダ春菊 南方系の春菊、えぐみが弱く、柔らかくサラダに最適。
5.ラディッシュ くし形に切ってソテーや茹で、蒸し、ピクルスなどに。
☆6.新玉ねぎ 水でさらさなくても辛味もほどよく甘くて美味しいです。鰹節と醤油で。炒めても甘みがすごいです。
7.越前赤そらまめ 豆ごはん、チリコンカン、塩ゆでにしてそのままつまんだり、サラダのトッピングに。あんこにも。
8.リーフセロリor赤玉ねぎ 細かく刻んで料理の香りづけに。表面の皮を剥くと、食感も柔らかく香りも穏やかになり、とても美味しく食べやすくなります。
9.さつまいも ベニハルカ
10.赤玉ねぎ 色どりのサラダに。炒めても美味しい
11.絹さやえんどう 筋をとって炒め物や吸い物に。蒸し炒めも美味しい。

☆今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット8品、Lセットは11品。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。さつまいも里芋は10℃以上保存。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA