えんどう祭り

 

卵からヒヨコが生まれました。新しいヒヨコのおうちを作ったので、今年はヒヨコを外で育てています。去年まではタライに腐葉土を入れて室内で育雛していました。自家孵化をしている農家は本当に珍しいのですが、色々と理解してもらえるよう情報発信をしていかねばと思います。もちろん自分たちも日々勉強中ですが、後ろめたいことがない(隠し事がない)情報をオープンにできる、地と知に根ざした農業と暮らしを積み重ねていければ思います。

今日のおカレー 里芋と大根と白ネギとディル。いわゆるカレーには合わない野菜でも、スパイスと調味料の組み合わせを工夫すれば美味しくなると思います。大根は甘みがありますが特有のクセがあるので、ディルやタイバジルのような香りの強いものを組み合わせのがおすすめです。

Dry Thai Basil

友人のCの話では、タイバジル(ホーリーバジルではなく)はタイではお茶にするそうで、こないだ試しにハーブティに混ぜて飲んだら、なんとも言えない清涼感や高潔感があって、心がすぅーーと落ち着きました。心がイガイガしているなぁなんて人にぜひおすすめです。オンラインショップで販売中です。

えんどうの収穫が始まりました。1つずつ手でもぎっていくのですが、収獲にとにかく時間がかかります。たくさんぶら下がっているエンドウを見ると、まるでお祭りのように賑やかで嬉しいのですが、いつまでたっても収獲が終わらないというやめられないオールナイトのお祭りのようでもあります。

渥美の魚市場にいってきました。セリ人の人が何を言っているか早口なのもあって全然わかりませんでした。外部の人に相場がばれないように地元の隠語を使っているそうです。ものすごいスピードで1箱の値段が決まっていきました。市場の裏に「いちば食堂」というランチ限定のレストランが今年2月にオープンし、とても美味しいお刺身やフライがリーズナブルに食べられます。

★今週の循環農法野菜セット
1.二年子大根 関西では時無し大根と呼ばれています。根部は細長く、肉質は硬く、辛味が強いのが特長です。皮が固くなってきました。
2.汐止ねぎ 薬味や煮物などに。ねぎも開花の季節でもうすぐ終了。
3.紅はるか PeacefulFarm薩摩芋、水分が減ってくる頃。蒸したりソテーや素揚げに。.
4.じゃがいも 北海道、秋葉さんの自然栽培さやあかね。ほくほくとして甘みのある品種です。荷崩れしにくいので、幅広い料理に使えます。
☆5.絹さやえんどう 筋をとって炒め物や吸い物に。
☆6.新玉ねぎ 水でさらさなくても辛味もほどよく甘くて美味しいです。鰹節と醤油で。葉っぱはネギ味噌や炒め物に。
7.そら豆リーフ 葉っぱを炒め物やサラダ、汁の具に。プリッとしたホウレンソウのような食感です。
8.黒田五寸人参 開花シーズンなので収穫済みで冷蔵保管しています。在庫わずか。
9.スナップエンドウ 塩ゆで30秒くらいでザルに広げて冷まします。
10,新玉ねぎ 
11.里芋 煮物、揚げ物、ポテトサラダなどに。こないだ小イカと炒め物にしました。

☆今日オススメ野菜。Sセットは7品、Mセット8品、Lセットは11品。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。さつまいも里芋は10℃以上保存。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA