Home 研究日誌野菜BOX 新年度

新年度

by 豆野 さとこ

いよいよ新玉ねぎのシーズン到来。
新玉ねぎの出荷が始まると、新年度のスタートだなーと感じます。
ご入学、進学されるお子様をもつ方も多いのはないでしょうか。おめでとうございます!
新玉ねぎは水にさらさずに食べるのがおススメです。辛くありません。
葉も柔らかく美味しいです。

ディルと新玉ねぎのサラダ。ディルの爽やかな美味しさと玉ねぎのフレッシュさが相まってとても美味しくおススメです。

芽が出てきたじゃがいもの土寄せをしました。
二輪管理機で作業します。上は土を耕す用の爪。下は土を跳ね上げる用の爪。
この地域の土は粘土質で乾くと固まるので、上の爪で耕してから、下の爪で土を跳ね上げる、という少し面倒な仕事をしました。
ドライブに出かけると、出かけた先の地域の土に目が留まります。
黒くてサラサラの土を見ると、「わー!サラサラ~羨ましい~」と毎回思います。
きっと農作業の効率や野菜の出来が全然違うと思うのです。
重くて粘土質のこの地域の土は農作業も収穫作業も(特に芋掘りとか)大変、力がいります。

再びタイから以前ウーフに来てくれたCが訪ねてきてくれました。カレーペーストやナンプラー、たくさんのタイの種をお土産にもってきてくれました。
さっそくタイカレーを作ってくれて(ナッツ入りレッドカレー)ビールで乾杯。

タイの色々な種類のチリも持ってきてくれました。
オレンジ色のチリが一番辛く美味しいそうです。タイ人が辛いという唐辛子。そりゃー辛いでしょうね。
タイバジルにも色々種類があるそうで、ガパオに合うもの、ドリンクに合うものなど持ってきてくれました。

日曜日は桜満開な中、豊橋市の二川宿、商屋・駒屋で行われたナチュラルカフェガーデン主催のgardenマルシェにオソトデチームで参加させて頂きました。
野菜boxを定期で頼んでくれているお客様も遊びにいらしてくださり嬉しかったです。

木の実を使ったブローチや王冠作りのワークショップにたくさんの可愛いお客様が参加して下さいました。
材料は、私たちが山や森、海で拾った自然のモノです。

密かに販売しているオリジナルの燻製boxにも興味を持ってワークショップに参加してくださった方もいて嬉しかったです。
欲しいお客様がいましたら発送もできますのでご相談下さい。(1つ¥1500+送料オーバー分)子どもの自由研究などに良さそうです(笑)。

※4月からゆうパックの値上げに伴い、料金の価格改定がありました。ご迷惑をお掛けしますが、お客様の食卓や健康のお役に立てる元気ある野菜を届ける農家を目指して日々精進してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

★今週の循環農法野菜セット
1.二年子大根 関西では時無し大根と呼ばれています。根部は細長く、肉質は硬く、辛味が強いのが特長です。皮が固くなってきました。
☆2.汐止ねぎ ジューシーでまさに今が旬だと思います。
3.黒田五寸人参 開花シーズンなのですでに収穫済みで冷蔵保管しています。
4.じゃがいも 北海道、秋葉さんの自然栽培さやあかね。ほくほくとして甘みのある品種です。荷崩れしにくいので、幅広い料理に使えます。
5.絹さやorスナップえんどう 採れ始めなので少量です。茹ですぎ注意。
☆6.新玉ねぎ 水でさらさなくても辛味もほどよく甘くて美味しいです。鰹節と醤油で。葉っぱはネギ味噌や炒め物に。
7.そら豆リーフ 葉っぱを炒め物やサラダ、汁の具に。プリッとしたホウレンソウのような食感です。
8.紅はるか PeacefulFarm薩摩芋、水分が減ってくる頃。蒸したりソテーや素揚げに
9.菜花 軸を立てて20秒塩茹でして、寝かせて20秒茹でて、ザルに広げて冷まします。菜花の収穫も終盤です。
10,ミニキャベツ  11.新玉ねぎ
☆今日オススメ野菜。Sセットは7品、Mセット8品、Lセットは11品。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。さつまいも里芋は10℃以上保存。

よろしくお願いいたします。

0 comment
0

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »