Home 研究日誌野菜BOX 豆研の豆シーズンももうすぐ

豆研の豆シーズンももうすぐ

by 豆野 さとこ

ソラマメがぐんぐんと空に向かって、伸びている3月。
花もつき始め、収穫の5月が待ち遠しこの頃。
エンドウの実も、ちょっとずつ実り始めました。
豆研の豆のシーズンももうすぐです!

そして早くも桜が7分咲き。
今年もみんなでお花見でもできればいいな。あとサッカー。

ソラマメがもうじき実のなる季節ですが、去年収穫した大量の乾燥そら豆を、豆板醤、醤油、アンコなどに加工しました。
↓これは豆板醤。去年作った自家製豆板醤が美味しくって毎年恒例にしようと思っています。
野菜炒めも自家製豆板醤と酒と塩で調理すると、とても美味しい。
この地域の風土がソラマメに合うようで、毎年上手に生産できる農作物の1つです。

ソラマメ餡もとっても美味しくソラマメ餡をいれたおからケーキ作り(おからケーキは、なかしましほさんのレシピ)にハマっています。

 

昨日、コンポストトイレを作るための大小セパレーターと攪拌器が届きました。
オフグリットゲストハウスikkyuの森さんのクラウドファンディング経由で買いました。
できるかぎり完成までの製作報告をインスタでしようと思います。
憧れのオフグリット生活を暮らしの一部にしていけたらと思います。

 

★今週の循環農法野菜セット
1.二年子大根 関西では時無し大根と呼ばれています。根部は細長く、肉質は硬く、辛味が強いのが特長です。首が土表に出る青首大根とは異なり、土の中にもぐるタイプです。収穫が大変なことから、生産者から敬遠され作られなくなりました。
☆2.汐止ねぎor吉蔵ねぎ ジューシーでまさに今が旬だと思います。
3.黒田五寸人参 開花シーズンなのですでに収穫済みで冷蔵保管しています。
4.里芋 ウーファーのマイちゃんが作ってくれたカツオ出汁で煮た里芋にナンプラーと塩とネギで合えたものが美味しかったです。
5.菜花 菜花も終わりになってきました。
6.玉ねぎ 次回から新玉ねぎになります。お楽しみに
7.紅はるか PeacefulFarm薩摩芋、水分が減ってくる頃。蒸したりソテーや素揚げに。
8.じゃがいも 北海道、秋葉さんの自然栽培さやあかね。ほくほくとして甘みのある品種です。荷崩れしにくいので、幅広い料理に使えます。
☆9.絹さや 今年の初収獲です!
10,ルタバガ スウェーデンカブ。カブとジャガイモ+の中間の感じで料理に使います。ポタージュスープにしたら息子がバクバク食べました

☆今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセットは10品。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。さつまいも里芋は10℃以上保存。

よろしくお願いいたします。

0 comment
0

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Translate »