戌年

1月 8th, 2018 § 0 comments

2018年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします!
年末は私たちが手で植え、手刈りしたもち米ハッピーヒルで餅つきを行い、一年こうして収穫できた喜びを噛み締めながら美味しいお餅を頂きました。毎年家族が仲良く集まれるということも、幸せなことだなぁと思います。

お正月には、オーストラリアのバイロンベイの近くのウォロングバーに住んで、鶏を飼いオーガニックファームを営むご家族(サム、アユミ、サチ、トコビ)に実家近くの神社で出会うという偶然。次の日には我が家に家族で遊びに来てくれ我が農園を案内させてもらいました。
農場主たちの価値観が似ていて、人生において何を大切にしているかがとても共感できていたようです。バイロンベイはヒッピーが多く、周りはオーガニックファーマーしかいないと話していました。そういう環境で暮らすとどのような変化が暮らしにあるのか身を置いてみたいです。

野菜や動物達との暮らしに休みはなかなかありませんが、毎日を暖かく賑やかにしてくれます。私たちの畑には様々な虫や雑草が生き、地下でも想像を超える有機物の循環があります。WWOOFを通じて世界各国から私たちを訪ねてくる旅人たちは、様々な経験や文化の違いを教えてくれます。多様性を尊重することが国際交流と有機農業の共通点かもしれません。世界中の人たちが、健康で文化的な生活を営むことができる未来の農園の在り方を考え描いていきたいです。

息子は年末からの鼠径部リンパ節炎で、1月5日から絶賛入院中です。子供なので寝かされて患部を切開排膿しましたが、すると大量の膿が溜まっていて、大事に至らずホッとしています。 原因は特定できませんでしたが、ネコによる引っ掻きからのウィルス感染かなぁという気がしています。幸い本人は痛みもなく元気を持て余しています。

久しぶりに病院に入り浸ると、単純に昔では思わなかったことを思ったり、すれ違う色んな人の気持ちや人生を想像したり、感謝や尊敬などの気持ちが湧いてきます。 昔よりは当たり前のことをポジティブに考えることができるようになった気がしますが、それでもまだまだたくさんの当たり前のことに気づかず見過ごして生きていることにも気づきました。 いい意味で人は1人では生きられないと思いました。

★今週の循環農法野菜セット
☆1.沖縄島大根+紅芯大根 煮物や漬物、庄司いずみさんの大根カレーも◎。個人的に一番好きな味の品種です。正月に人参と紅白なますも。紅芯大根はサラダや漬物に。
2.汐止ネギ 鍋の具や、薬味や炒め物などに。
☆3.黒田五寸人参 サラダや漬物にも美味しい。寒くなって甘みが増してきました。4.里芋 お客様レシピでポテトサラダも美味しかったです。
5.さつまいも 今日は紫芋。甘みは少ないです。芋ご飯にすると色がキレイです。ポテトサラダやコロッケなど、ジャガイモのように使うといいです。
6.サイシン 菜花です。茹でる蒸す他炒め物などにもgood。
7.かぶ イタリア、ミラノのカブや大野カブなど紅白のミックスカブ。8.葉玉ねぎ 豚肉と塩コショウで炒めるのが定番です。
9.ミニ白菜 小さめの品種です。サラダや漬物にも美味です。
10.紅菜苔 今日は卵と一緒に炒め物にしました。シンプルにオリーブオイルと塩もいいです。

☆今日オススメ野菜。Sセットは6品、Mセット7品、Lセットは10品。野菜は新聞+ビニル袋(野菜用の特殊ビニルなので、空気が出入りしないよう、開け口を絞って密閉してください)で包み、なるべく冷蔵保存してください。さつまいも里芋山芋は常温保存。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


What's this?

You are currently reading 戌年 at 豆に暮らす野の暮らし研究所.

meta