帰国しました

1月 13th, 2017 § 2 comments

1/4から1週間の休暇をいただき、ベトナム・ハノイ旅行に行って、1/11に無事帰国しました。不在中は妻の両親に犬、近所の農家仲間のPeaceful Farmのマサくんに鶏と猫の世話をしてもらい、本当に感謝です。マサくんも鶏の世話を楽しんでやってくれたみたいで、卵の収穫も喜んでもらえてよかったなと思います。今後、ぜひ自然養鶏を始めてもらいたいなと思っています。

ハノイから車で3時間半離れたマイチャウという棚田がきれいな田舎町がとても印象的でした。人口密度も低く、道路も舗装されておらず、車も少なく、自転車や徒歩、バイクや小型の電気自動車がのんびり走り、そこらじゅうを鶏やアヒル、犬が自由に歩き回って暮らしています。鶏はもちろん、アヒル、犬も食べ物として生かしています。

水牛もトラクター代わりに飼っていたり、肉用の牛を歩いて放牧しにいく人もちらほら。ハノイから遠いためか米やバナナなどある程度貯蔵性の高いものをメインに育てていて、野菜畑は自給用として家の近くに点在し、鶏たちから守るためネットで囲ってありました。キャベツやからし菜、ニンニクやコリアンダー、ズイキ、インゲンなどが育っており、鶏などの家畜が虫を食べているおかげか虫の食害もほとんどないように見えました。

この村出身のガイドさんに農薬や除草剤のことを聞いたら、農薬とかの単語も知らないレベルで、使っていないと言っていました。TVのコマーシャルでは「これを使うとキレイで大きいコメができて、グレードが上がって、モアマネーだ」みたいな農家向けの農薬や化学肥料のCMを盛んにやっていました。そんなもの使わなくても、ここには有機的な循環があり、美味しいお米と農産物があります。先進国ではモノにあふれ、お金の価値は徐々に薄まり、オーガニックな暮らしへの回帰的な欲求が高まっているように見えますが、発展途上国では車やスマホ、冷蔵庫などを買い、ローンを返していくためにお金をまだまだ必要としています。

ベトナムではまだ英語など外国語を話せる人は一部で、かなり収入に差が出るようです。日本に住んでいると日本の悪いところばかりに目が行きがちですが、旅をすると日本のいいところも見えてきました。異文化ならではのストレスも感じましたが、逆にみればとても刺激的だったし、自分の視点を少しリセットできたいい旅行になりました。

★今週の循環農法野菜セット
1.島大根 沖縄の品種。煮物やおでん、大根ステーキ、おろしに。
2.じゃがいも
3.越津ねぎ 愛知県津島市の伝統種。独特の香りで柔らかく緑の部分も食べれます。
4.日野菜かぶ 滋賀の伝統種。色がキレイで、歯ごたえよく、浅漬けが美味しい。スープの具やソテーにしても美味。
5.菜花 暖かい日が続くと収穫量が増えます。イタリア菜花は葉がギザギザで少しほろ苦。パスタやマカロニとサラダ風にしたり、炒め物に。
☆6.黒田五寸人参 長崎の伝統品種。寒さにあたり甘くなって葉も傷んできました。
7.さつまいも 金時。ほっくり系。天ぷらやコロッケ、お菓子づくりに。栗きんとんにも向いている品種です。
8.ごぼう 煮物や炊き込みご飯、汁の具に。ゴボウメンチカツを作ったら美味しかったです。
☆9.白菜 鍋料理や餃子などに。
10.春菊 おひたしや胡麻和えに。

☆は今日のオススメ野菜です。Sセットは6品、Mセットは7品、Lセットは10品です。野菜は新聞+ポリ袋で包み、(野菜室)で保存してください。

§ 2 Responses to 帰国しました"

  • ina より:

    お久しぶりです。東京・中野の稲越です。
    最後に会ってから10年以上の月日が経ってしまいましたね。
    って覚えている?(笑)
    ちょっと前に豆から聞いてちょくちょくサイトを覗いてました。
    すっかりと農家の大将の風格が出ていますね。
    ベトナムいい感じですね。僕らがベトナム行ったのはもう10年
    以上前ですが、都市部の変貌に比べて田舎はあまり変わってない
    のかな?
    ベトナムでの食事はどこも美味しかったけど、一番印象に残って
    いるのは、ハイフォンでふらっと立ち寄った名も無い店で食べた
    ブンチャーでした。
    掲載されている写真を見てそんなことを思い出したよ。
    週末は東海地方も雪の予想なので、対応が大変だと思うけど
    頑張ってください。
    報告楽しく見てますよwww

  • 豆野 仁昭 より:

    イナさんご無沙汰してます。その節は大変お世話になりました。兄の結婚パーティ以来ですね(^^)
    当時家に呼んでいただいて色んな美味しいごはんをご馳走になったり、お話をしたり、ゲームをしたり、とても親切にしてもらった記憶が強く残っていて、今は自分がそういうことが後輩にできるようにと思って、自分なりに頑張ってやってます。
    ハノイはめちゃくちゃクラクションや排気音、鶏の鳴き声までうるさくて、こんなにカオスな場所だとは想像してませんでした。マイチャウは静かで自然な農的暮らしが残っていてかなりいい感じでした。他の旅人に聞いたらサパはtouristicすぎて、マイチャウの方がniceと言っていたので、いい選択だったかなと思います。
    ガイドブックにも載ってない店で美味しいと嬉しいですよね。やはりローカルな食事が食べたかったので、食べ物だけはベトナム語を覚えました。飯がうまいし安いので、食わなきゃ損な気がして完全に食べすぎでした。
    またいつか東京で飲める機会があれば嬉しいです。こちらに来るときがあればぜひ泊まってってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


What's this?

You are currently reading 帰国しました at 豆に暮らす野の暮らし研究所.

meta